無料ブログはココログ

ブログランキング

2017年10月13日 (金)

BNDからの2017年10月分分配金

【10月12日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

129,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

49,265千円

■損益率

38.2%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOは手元にある外貨をつかって資産運用のひとつの実験ともいうべき外国債券のETFであるBNDのバイ&ホールドを実行中です。

さてBNDから2017年10月分の分配金が支払われました。税引き後で241.83ドルです。

これまでの推移は以下のとおりです。なお購入元本は1株80.48ドル×2,000株=160,960ドルです。

201710311

続きまして債券に関する雑感です。

つみたてNISAのスタートをにらんで運用会社から新しいローコスト商品が設定されてきていますが、その中にあって特に注目を浴びている商品が楽天・全世界株式インデックス・ファンド、楽天・全米株式インデックス・ファンドではないでしょうか。


さらにバンガード・インベストメンツ・ジャパンと楽天投信投資顧問はバンガード・グループが運用するETFを主たる投資対象とするインデックス型投資信託「楽天・バンガード・ファンド」を立ち上げました。

今後は上述の2商品以外にもバンガードのETFに信託報酬を上のせして国内投信として設定される商品が増えてくると予想されます。

その対象にはWATANKOがバイ&ホールドしているこのBNDも含まれるかもしれません。

はたしてそれが実現するのか。

WATANKOはインデックス投資を始めた頃、勇んで海外ETFを購入してみたものの、積み立て投資の視点からみると手間がかかる煩わしさから、以降は海外ETFを敬遠しがちでありました。

それがBNDを3年以上バイ&ホールドすることで心理的に慣れてきて、さらにVTIも購入するに至りました。

ところが今になってBNDを国内投信で販売する展開となったことはちょっと皮肉なことであります。

しかしもしもBNDが国内非上場投信の利便性を備えて売られ始めたとしたら、素直にこれを祝福しておきたいと思います。

でも信託報酬1.2%上乗せはちょっと多いなあ。とくにBNDは債券ですから期待リターンに対するマイナス影響は株式よりも大きいです。

関連記事

商品そのものの御代にくらべて付帯サービスが高い楽天投信投資顧問の新商品

2017年10月 1日 (日)

(続)初チャリン!-VTIからの2017年3Q分配金

Balance2692440_960_7201

(前回からの続きです。)

WATANKOは所有する遊休不動産物件について、新たな賃貸先を見つけ収益化していくことを断念し、物件を売却して、その資金でもって証券を保有し分配金収入を得る方針に切り替えました。

証券投資のビークルとして選んだのはバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)であり、先日、購入後はじめての分配金収入がありました。

しかしながら、もし遊休不動産物件を賃貸できたであろうなら得られた賃料収入に比べて、VTIの分配金収入は数分の一、あるいはそれ以下であります。

やっぱり分配金収入では賃料収入には到底代わるものとはなり得ないのか。

■不動産の賃料に潜むリスク

不動産の賃料収入は、以下のリスクに晒されています。

1.希望する賃料を条件とした賃貸先が確保できるか。
2.賃貸先が賃料支払いを順守できるか、減額を要求してこないか。
3.賃貸先が契約を解約しないか。解約した場合⇒1.に戻る。

ファンドを10年間保有すれば、通常なら10年分の分配金収入はまず獲得できるでしょうが、不動産賃料は10年間の間で非稼働の期間があれば、直ちに減収となり、それを後から取り戻すことはできません。

たとえ賃貸先がついたとしても上記2や3のリスクをいつもはらんでいます。同じ賃貸先であっても数年前と現在では経済状況が異なり、与信も変わってくるというのもよくあるケースです。

そこに加えて費用面からみると、

1.固定資産税や仲介手数料
2.(建屋所有の場合)損害保険料、募集・管理費、修繕維持費等

といった発生がほぼ不可避であり、収入-費用の結果、手元に残る賃料手取り分となれば、それは分配金収入との差が何割かは縮んでいることでしょう。

■資産自体についての価値比較は容易ではない

では分配金VS賃料というインカムゲインの比較の次に、キャピタルゲインの比較としてみますと、これまた不動産物件のほうは良く見えません。

不動産物件の現時点の金額換算した価値は簡単には把握できません。なぜなら買い手があってはじめて金額換算した価値が測定できるので、定期的に把握するためには買い手探しをして値段条件を提示してもらう必要があります。

一方のファンドの場合は、言うまでもありませんが、不動産物件に比べればすぐにわかります。

まとめますと、

インカムゲインでは、表面上は不動産賃料>分配金収入でありますが、賃料の減収リスクや色々な諸費用の負担を考慮すると、両者の差は縮まります。

キャピタルゲインでは、そもそも不動産の金額価値の測定は簡単にはいかないので、どちらが値上がりするかという比較自体が困難です。


■WATANKOが証券保有に切り替えた理由

さてここまでの内容は一般論ですが、WATANKOがなぜ遊休物件に対して、賃貸収入をあきらめて、これを処分して証券保有(VTI購入)に切り替えたのか。

①遊休物件に対する賃貸先の確保が難しいと判断したから。条件を引き下げれば確保できるかもしれませんが、今度は手間のわりには儲からない事態となり、証券保有との差が縮まります。もしも両者のインカムゲインの水準が近くなれば、楽ちんな証券保有の方を選びたくなります。

②昔のような土地神話がすでに期待できない日本の地方都市における不動産物件の今後の値上がりと、世界経済(WATANKOの場合は米国経済)の成長と、どちらの上昇率が高いかと考えた時に、後者を選択しました。

また将来、子ども達に相続する事態を想定した場合、不動産よりも証券の方が事後も含めて容易だと判断しました点もあります。

(あとがきにかえて)

VTIのバイ&ホールドはまだ始めて2か月であり、長い航海はこれから始まります。思い起こせばインデックス投資自体を始めたきっかけのひとつが、自分の資産ポートフォリオにおいて、手間のかかる不動産投資のシェアを引き下げたいという願望がありました。

今回のVTI購入は、それをまたひとつ促進させるかたちとなっております。

2017年9月30日 (土)

初チャリン!-VTIからの2017年3Q分配金

さてWATANKOは所有する不動産物件のなかにある遊休物件について、これを処分して、「不動産を賃貸して得る収入」から、「証券をバイ&ホールドして得る分配金収入」に運用方法を切り替えました。

そのビークルとなる証券は、それまでの自分のポートフォリオを振り返って、米国への投資比率が思いのほか低いことに気づき、それを補完することを狙いとしてバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を選定しました。

関連記事

不動産賃貸から海外ETFによる運用へ切り替え-バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)購入(2017/8/1)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を選んだ理由(2017/8/2)

購入元本は1株126.66ドル×2,600株=329,336.60ドルです。当時の換算レート(111.26円/$)で36,643千円です。

■分配金収入

さてVTIの分配金は年4回、四半期ごとの支払いであり、WATANKOは8月にVTIを購入して以来、初めて第3四半期(3Q)の分配金を受領しました。税引き後で1,034.78ドルです。円換算すると9月末換算レート(112.71円/$)にて116,630円になります。

201709281_2

単純年換算すると467千円、円建ての分配金利回りは1.27%となります。

■トータルリターン

元本投資額の評価額については、9月末では基準価額が上昇し、換算レートも円安となったため、円建て評価額は37,955千円まで上昇して+1,312千円、+3.6%です。

201709284

分配金収入とあわせて2か月でのトータルリターンは+1,429千円、+3.9%となりました。

分配金の水準は、過去の実績を確認済みでしたので、今回の金額は特段驚く結果でありませんでした。むしろVTIの基準価額の天井知らずの伸びっぷりに少々驚いています。

米国株式市場の好調ぶりはいつまで続くのか。現時点ではさすがにこれ以上の買い増しをする気にまではなりませんが、さりとて下落を恐れて今のうちに一度利確しようなどとも全く思いません。

米国株式市場の長期的な上昇を信じてバイ&ホールドを続けます。

■分配金収入<不動産賃料収入(あとがきにかえて)

さて冒頭に書いたとおり、WATANKOは不動産賃料収入を証券保有による分配金収入に切り替えたわけですが、四半期(3カ月分)の分配金収入116,630円は月額になおすと39,877円であり、売却した遊休土地を賃貸に供した場合に得られる月額収入(数十万円)よりも遥かに少ないです。

現時点でのVTIの購入元本は遊休土地の売却代金の半分弱でしかないですが、仮に売却代金の全額分をもってVTIを購入していたとしても、月額収入は39,877円の倍の8万円程度です。

分配金の収入だけでは不動産賃料賃料の水準を獲得することは難しいです。それではこのパラダイムシフト(大げさ)は失敗に終わるのでしょうか。

(つづく)

2017年9月18日 (月)

BNDからの2017年9月分分配金

【9月15日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

129,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

43,883千円

■損益率

34.0%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


WATANKOは手元にある外貨をつかって資産運用のひとつの実験ともいうべき外国債券のETFであるBNDのバイ&ホールドを実行中です。

さてBNDから2017年9月分の分配金が支払われました。税引き後で250.48ドルです。

これまでの推移は以下のとおりです。なお購入元本は1株80.48ドル×2,000株=160,960ドルです。

201709301

続きまして債券に関する雑感です。

WATANKOが2013年末にBNDを購入した際の外貨は、かつて円高時に為替取引した分を用いております。8月末ではトータルリターンが17%となっていますが、その多くはBND購入以降に続いた円安傾向によるところが大きいです。

少し前の記事ですが、リターンを要因別に区分した記事を紹介致します。

関連記事
BNDを3年間バイ&ホールドしてみた結果を公開(2017/1/23)

さて外国債券への投資に否定的な意見のひとつとして、債券の外貨建てリターンに対して、この為替の変動が大きすぎるというものがあります。

もし今後、円高局面に移行すれば、WATANKOが保有するBNDの評価損益も悪化するでしょう。オーナーとしてその変動に耐えられるでしょうか。

かつて先進国債券のインデックス投信をいくつか保有してきた時代には、円高の影響で長らく評価益が黒字化できませんでした。

ブログ記事冒頭でいつも「BNDの保有は実験」と唱えていますが、本当の実験は円高局面になった時がスタートかもしれません。

おっと円高が進行すれば外国債券以上に外国株式もまたダメージを受けるでしょう。多くの個人投資家にとってはそちらの方が心配ですね。相互リンクいただいております夢見る父さん”さん”の記事の紹介でもって本記事の締めとさせていただきます。

参照記事
夢見る父さんのコツコツ投資日記
80円まで円高が進んだら米国株はどうなるのだろう


2017年8月21日 (月)

1306&1308の収益分配金が入金 2017

WATANKOが保有している国内ETFのTOPIX連動型上場投資信託(1306)と上場インデックスファンドTOPIX(1308)から“残暑お見舞い”の収益分配金の入金がありました。過去の履歴も含めて以下のとおりです。

201708201

201708202

Notes)
*金額単位は円です。
*収益率をみるときには本来、分配金を除する分母には当期の平均評価額を用いるべきなのかもれしれませんが、最終的には投入した元本に対してなんぼ儲かったのかということが現実の評価となるため、ここでは購入額を分母としております。

さて、この収益分配金ですが、2つのETFで累計350千円ほどになります。このうち250千円を再投資済みであり、残りの100千円を来月に再投資にまわすことにします。

実際にはニッセイ日経225インデックスファンドを購入する予定です。ETFのリターンでもってインデックス投信を買う、いわば“逆リレー投資”といったところでしょうか。

ではこの2本のETFは今後どうするのか、と問われれば、以下のとおりであります。

「信託報酬が安いので、別に保有(というか放置)し続けても構わない。」

「資金需要が発生して、保有ファンドを売却する必要が生じた時には先ずこれらを売却する。」

関連記事
とにかく安いETFは性急に売却する必要もなし(2015/5/24)

2017年8月17日 (木)

BNDからの2017年8月分分配金-外国源泉税に対する還付金の支払いもアリ

WATANKOは手元にある外貨をつかって資産運用のひとつの実験ともいうべき外国債券のETFであるBNDのバイ&ホールドを実行中です。

さてBNDから2017年8月分の分配金が支払われました。税引き後で246.00ドルです。また今月はこの他に外国源泉税に対する還付金の支払いが275.30ドルあり、支払い合計は521.30ドルとなりました。

これまでの推移は以下のとおりです。なお購入元本は1株80.48ドル×2,000株=160,960ドルです。

201708311

続きまして債券に関する雑感です。

冒頭述べたとおり、今月はいつもの分配金に加えて、外国源泉税に対する還付金が支払われました。これは米国の QII (Qualified Interest Income)という税率調整の制度に基づく還付支払いであります。

詳しい内容について参照用に以下ブログ記事を紹介させていただきます。

参照記事

関東在住福岡人のまったり投資日記
バンガードの債券ETF(BND,BLV)でよくわからない分配金が出たのでなんなのか調べてみた

海舟の中で資産設計を ver2.0
BNDから還付金受領したので内容調査。…そうか、「米国源泉の金利は米国内で非課税」からくるものってことね

今回の件は、一言でいえば米国においては非居住者は米国源泉の利子所得に対して非課税が適用されるため、一旦納めた税金が還付される仕組みになっているためです。米国外からの債券投資を促進するための税制措置であります。

投資を促進させるためには税制優遇が定石であることは古今東西変わりません。

そういえば極東の先進国においても、「つみたてNISA」や「iDeCo」と称する制度を見かけたことがありますね。

皆さんはご存知でしょうか!?

2017年8月 4日 (金)

今、VTIを買うのは欲に駆られた蛮勇なのか、それとも未来を信じた選択なのか

Coin2357072_960_7201

(VTIネタでまたまた引っ張りましてすみません。)

WATANKOはVTIを1株126.67ドルで2,600口買いました。購入総額は米ドル329.337.6ドル、111円で換算すればおよそ36百万円です。

そしてこの先に待つシナリオは2つです。

<シナリオA>
こんな高値で多量に買うとは、なんと愚かな投資でしょうか。この先に待っているのは下落でしかありません。1年後には評価損にまみれているでしょう。

<シナリオB>
その後、多少のデコボコはあるも、長期的には株価が上がっていくので、手持ち資金を早く一括投資して正解であります。

さて、一体どちらのシナリオが待っているでしょうか。

★長期的に株価はあがると信じている

WATANKOはインデックス投資が自分にとって最適な投資方法であると十分納得したうえで取り入れています。

それは言い換えれば企業価値、そしてそれを反映した株価は世界全体を長期的にみれば成長(上昇)していくと見ていることを表しています。

もしも今回WATANKOが買ったタイミングが、はたしてこの先WATANKOの投資期間内(10年~20年)、米国でもっとも高い株価となるのでしょうか。VTIは126ドルからもう1ドルも上がらないのでしょうか。

繰り返しますが20年後も126ドルでしょうか。過去の上昇の記録をじっくり眺めれば眺めるほど、それはにわかには信じがたい推測に思えます。

過去に暴落が発生したという実績に怯えるのであれば、一方で暴落が起きてもそこから立ち直り、史上最高益をたたき出してきた実績には勇気付けられないのでしょうか。

★暴落はいつになるかわからない

暴落時に買うことができれば、キャピタルゲインはとても大きい。Yesです。それではいつ暴落するのか。どこで底値になるのかわかるのか。Noです。

そうやっていつ来るかわかりもしない暴落を待って、いつまで現金を寝かせておくのでしょうか。

★分配金を得ることで備えていく

早期にバイ&ホールドを始めることによって分配金もまた早期から得る事ができます。

暴落の待ち人は、さっさとバイ&ホールドをはじめた人が2年、3年と分配金を得るのを指をくわえて待っているというわけです。そうして貯まった分配金、再投資された分配金は、もしも暴落が起きた際には、損益を下支えする頼もしいゲインとなるでしょう。

また例え10年後、あるいは20年後になって株価が同じままであったとしても、分配金の分だけ確実なゲインが見込めます。

★買付余力は残している

ここまで読んだ聡明なる個人投資家の皆様は、「ああ、流行の米国株に飛びついた人がここにもいる。WATANKOはフィーバーしている。」と捉えたかもしれません。

これに対して冷静に返答するとなれば、「今回の投資額(VTIの購入額)は現在の運用資産残高+今後10年で捻出できるであろう余裕資金の合計額に対して、許容できるリスクになっている」であります。

さらにたとえ許容内であっても、暴落がおきた場合の買い増し資金として今回の投資額に対して4割の追加資金を別に確保しています。

つまり手元に何も残らないスッカラカンな投資をしているわけではありません。暴落に怯えてはいませんが、備えはあるというわけです。

★まとめ

今回のVTIへの一括投資が、これまで4年以上も続いた好調な相場に馴れきった個人投資家が持つ増長なのか、それとも長期投資の経験に裏打ちされた確かなるチャレンジなのか。

欲に駆られた蛮勇なのか、それとも未来を信じた選択なのか。

この駄ブログを続けながら、ゴールを見てみたいと思います。

2017年8月 2日 (水)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を選んだ理由

Money2413478_960_7201

(VTIを選んだ理由は?)

WATANKOは3年7ヶ月ぶりに海外ETFをまとまった口数で買い付ける機会がやってきました。

そこで選んだのはVTIです。

ではなぜVTIを選んだのか。

■自分のポートフォリオを眺めてみる

海外ETFには色々と魅力的な商品がありますが、個人投資家の資産運用の内容や投資方針によっては向き不向きがあります。そこで先ず基本に立ち返って自分のポートフォリオを以下のとおり眺めてみました。

201708021

あまり特徴がみられないポートフォリオですね。

そこでこのポートフォリオにおいて、今流行の米国株式を区別してみるとどうでしょうか。具体的にはMSCI-KOKUSAIインデックス連動のインデックス投信群、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの中から米国株式分を抽出してみると次のとおりです。

201703022

なんと米国株式のシェアは14.0%で、日本株式11.6%と大差がありません。WATANAKOは自分のポートフォリオを時価総額に忠実に合わせるつもりはありません。しかしながら株式の時価総額比較で日本の数倍もの規模をもつ米国が、日本とあまり変わらないシェアしか持ち得ていないことに改めて気づかされました。

たとえば自分のリスク金融商品をVT一本に絞る場合、米国のシェアは半分以上にも及びます。MSCI-KOKUSAIインデックスの投信でもってポートフォリオの6割を占めた場合、同インデックスの構成の6割強は米国なので、全体に占める米国株式の割合は6割×6割強=3分の1強にも及びます。

上記のケースを思い浮かべつつ、世界経済の成長に沿って資産を増やすことを志向する個人投資家とすれば、米国株式のシェアはもっと高めてもよいと判断しました。

■それではどの海外ETFを選ぶか

米国株式のシェアを高めることを狙いとして、それではどの海外ETFを買い付けるか。

ここで参考になるのは先人達の知恵であります。海外ETFをバイ&ホールドされている個人投資家ブログをたくさん拝見した結果、やはり候補はこの二つに絞られました。

●バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)

●バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

余談ですが、この他にS&P500に連動するiシェアーズ・コア S&P500ETF(IVV)又はバンガード・S&P500(VOO)も候補に挙がりました。経費率はVTI、IVV、VOOとどれも同じであり、0.04%と極めてローコストです。またこれまでのパフォーマンスはどれも大差はありません。

しかし考えた挙句、どうせ米国一国を選ぶなら、その中でもより分散が効いたVTIを選ぶに至りました。

それとバンガード・米国高配当株式ETF(VYM)やiシェアーズ・米国優先株式ETF(PFF)も候補にあがりました。これらについては個人投資家ブログをいくつか拝見した限りではインカムゲインは良いかもしれませんが、トータルリターンではS&P500を明確に上回るかどうかはよくわかりませんでした。

よくわからないものには手を出さないのが鉄則であります。

さて話を戻しますと、それではVTとVTI、どちらにすべきか。

投資待機資金から40百万円を一括購入にまわすと想定して、まずVTであれば、どんなポートフォリオになるのか。

201708023

米国株式のシェアは26.4%。日本株式13.4%のほぼ2倍ですが、日米の時価総額の開きからみれば、米国のシェアがもっと高くてもよいです。

そこでVTIの場合のポートフォリオはどうかというと、以下の通り。

201708024

米国株式のシェアは37.4%と、約3分の1となりました。これくらいであればVT一本やMSCIーKOKUSAI連動の投信が過半を占めるポートフォリオにおける米国株式のシェアにだいぶ近づくことになります。

ということで、WATANKOは自身のポートフォリオの中で、株式の時価総額の比率を意識して米国株式のウェイトをあげるためにVTIを購入することにしました。

それとWATANKOのポートフォリオは、各クラスごとに個別に商品を保有しておき、適宜リバランスをやっていきたいという指向です。よってVTのような複数のアセットクラスの集合は扱いづらい面がありましたことも付記しておきます。

2017年8月 1日 (火)

不動産賃貸から海外ETFによる運用へ切り替え-バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)購入

Money2413480_960_7201

(海外ETF、久々の買い付け)

WATANKOはサラリーマン兼業の不動産投資家でもあります。保有する不動産のうち、なかなか借り手がつかない遊休物件を1件売却しました。この売却代金から税金・諸経費ほかの支出を差し引いた残額を用いて海外ETFを一括購入することにしました。

つまり不動産物件を賃貸して得る収入から、証券をバイ&ホールドして得る分配金収入に切り替えるわけです。さらに資産の種類という面からみても、相対取引でその時になってみないと価格がわからない不動産に対して、いつも評価損益がわかる明朗会計な証券へと切り替えることで、資産の金銭的価値が把握しやすくなるわけであります。

関連記事

“バスの食堂”があった土地を売る日が来た(2017/5/13)

ついに妻の証券口座を開設(2017/5/23)

2017年6月の積み立て購入商品(2017/6/24)

そこで不動産の売却をもとにして得た資金でもって、SBI証券にてバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を購入しました。


WATANKOが海外ETFを買い付けたのは、3年7ヶ月前の2013年12月、TOKとEEMを売却した資金でBNDを買い付けて以来です。あの頃はまだ一般口座、指値注文する方式でした。

今回はSBI証券にて特別口座扱い、そして先月から始まった成行注文方式での買い付けでした。ここのところに関しては国内の投資信託と同じなので楽ですね。

さて今回の購入結果です。(金額単位は米ドルです。)

201708vti

次に分配金の取り扱いですが、BNDの時は毎月支払われた分配金は、直ちに円転して国内のインデックス投信の購入資金に廻してきました。

これに対して今回のVTIでは年4回の分配金が発生しますが、毎回きちんとVTI自体の再投資にまわす予定です。

そこで分配金の支払いと再投資についてはBND同様、都度ブログにて報告をあげる予定です。

以上であります。


・・・おっと肝心な説明が抜けておりました。

なぜ海外ETFの中でVTIを選んだのかについては次回に触れたいと思います。

2017年7月19日 (水)

BNDからの2017年7月分分配金

【7月18日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

129,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

42,687千円

■損益率

33.1%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


WATANKOは手元にある外貨をつかって資産運用のひとつの実験ともいうべき外国債券のETFであるBNDのバイ&ホールドを実行中です。

さてBNDから2017年7月分の分配金が入金されました。税引き後で243.96ドルです。これまでの推移は以下のとおりです。なお購入元本は1株80.48ドル×2,000株=160,960ドルです。

201707311

続きまして債券に関する雑感です。

シニアもしくはリタイア後の資産運用のビークルとしては、値動きが穏やかで定期的にクーポンが払い出される債券商品はとてもよくマッチしています。(究極的にはクーポン不要とも言えますが。)

そこで日本国内では債券を投資対象とした投資信託がもっと充実してほしいです。地方自治体や企業の公社債をもっと色々と組み合わせたバラエティある商品があると嬉しいです。

リスクをすごく低く抑えて、年利2%の普通分配金でも出してくれれば、もうそれで十分です。

しかしながら、今の世の中、お金がじゃぶじゃぶに余っており、新たな資金調達ニーズが乏しいせいか、市井の個人投資家にとって魅力的な利回りの金融商品はとても限られます。

そうなると為替リスク覚悟でBNDのような海外の債券ファンドにお金を投じる資産運用が、しばらくは続きそうです。

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介