無料ブログはココログ

ブログランキング

2017年4月 8日 (土)

2017年4月の積み立て購入商品

【4月7日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

76,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

35,890千円

■損益率

47.2%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOは給与所得と不動産賃貸収入から得た余裕資金をもって日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。

積み立て購入にあたってはSBI証券を利用しています。自動積み立てを設定してよいのですが、わざわざ手動にしています。

その理由は積み立てキャンペーンが催された際に、それまでの手動での購入分を新規の自動積み立て設定に切り替えることにより、増額積み立てせずにキャンペーンの応募資格を満たすことができるためです。

しかしながら最近は、インデックス投信を対象とした積み立て投資キャンペーン自体をあまり見かける機会が減りました。よってこのような状況が続くのであれば、自動積み立てを設定してもよいのかもしれません。

さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201704302

さらに4月の仕入れの結果、3月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2017年の分のみの表記としています。

201704303

さてトランプ景気に後押しされ、今年の1~3月頃は日経平均が20,000円を今度こそ突破かとおもいきや、最近は失速して19,000円すら割り込む状態です。そうなると「日本株式インデックスに投資しても意味がない」という声が、威勢の良い独立系運用会社あたりからまたぞろ聞こえてきそうです。

WATANKOは相場が「長期に渡りひたすら右肩下がりを続ける状況」以外であれば、積み立て投資を行う意義はあると考えます。

次回はそのあたりをWATANKOの投資実績を紹介しながら記事にする予定です。

2017年3月18日 (土)

2017年3月の積み立て購入商品


【3月16日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

76,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

37,966千円

■損益率

50.0%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOは給与所得と不動産賃貸収入から得た余裕資金をもって日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。

WATANKOは元来飽きっぽい性格であることは先月書きましたが、そんな人間がどうして積み立てをコツコツと続けられてきたのだろうか、その理由は何なのかとよくよく考えてみると、そこにリターンの上乗せというご褒美が期待できるからだという結論に行きつきました。

昨日100円、今日100円、明日も100円と貯蓄しても3日で300円。1年で36,500円です。いつ使っても1年間で36,500円までです。早めに使っても、後になって使っても同じ36,500円。だから年月を超えて貯めつづけようという気がなかなかおきません。

ところが積み立て投資を長年続けていけば36,500円がもっと増えることが期待できます。我慢した者にはそれなりの報酬がまわってきます。だからすぐに使わずにとっておこうという気持ちが湧いてくるのです。

さらに庶民の場合、「お金をとっておいて増やす」代表的な方法は、昔は定期預金でした。いまはそれに代わってニアイコールな存在のひとつとして投資信託が挙げられます。


さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201703312

さらに3月の仕入れの結果、2月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2017年の分のみの表記としています。

201703313

さて冒頭に述べた「お金を使わずにとっておけば、そのご褒美としてお金が増える」ために用いられるリスク金融商品は、何も投資信託に限りません。個別株式やFXだってありえるでしょう。はたまた不動産もあります。でもそこには色々なノウハウ、テクニックを必要とする香りがプンプンします。

それにくらべて投資信託は、その名のとおり“信じて託す”わけでありますが、上にあげた対象よりもノウハウ、テクニックを必要としません。投資する分野を選び、リスクコントロールを行えば、後はほったらかしです。

投資のプロではない市井の個人が資産を増やすためのビークルとしては丁度良いと言えるでしょう。

現物不動産なんか、労多くして益少なしですよ。


2017年2月18日 (土)

2017年2月の積み立て購入商品

【2月17日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

76,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

35,154千円

■損益率

45.1%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOは給与所得と不動産賃貸収入から得た余裕資金をもって日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。

さて、毎度積み立て購入の記事であります。WATANKOは元来飽きっぽい性格だと親からも妻からも、そして子どもからも言われており、自分自身でもそう思います。そんなWATANKOがよく飽きもせず買い続けてきているなあ、辛抱強いなあと自分でもちょっと感心しています。

と自画自賛モードはこのあたりまでにしておいて、さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201702282

さらに2月の仕入れの結果、1月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2017年の分のみの表記としています。

201702283

冒頭飽きもせず積み立て投資を続けていることに触れましたが、WATANKOは40歳から積み立て投資を開始しています。開始時点に定めた投資期間のゴールは60歳までに20年間であります。

これまでほぼ9年が経過し、あと1年後には折り返し点を迎えます。宇宙戦艦ヤマトでいえばイスカンダルに到着後、折り返して地球に向かう行程に突入します。

そうなると当初定めたゴールに向かって少しずつ考えていかなければならないことが浮かんできます。

次回はそのあたりを記事にする予定です。

2017年1月27日 (金)

2017年1月の積み立て購入商品

WATANKOは給与所得と不動産賃貸収入から得た余裕資金をもって、日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。

さて先日、2017年最初の積み立て購入を実施しました。

毎朝、納豆と卵と海苔でご飯を食べるように、購入の内容は変わり映えしません。たまにはエキサイティングに「ひふみプラス」とか「iTrust世界株式」とか「フィディリティ・USリートB」なんか買っちゃってみるか…という気は全く起きない万年素人個人投資家でありました。

さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201701312

さらに1月の仕入れの結果、12月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201701313

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2017年の分のみの表記としています。

関連記事
2016年10月の積み立て購入商品-積み立て商品をあらためて紹介

さてWATANKOの積み立て購入において、日本株式と先進国株式の商品選択はしばらく不動でありますが、新興国株式はどうか。

相互リンクいただいているkenzさんのブログの定番であるコスト比較記事によると、現在積み立てしている野村インデックスファンド新興国株式(Funds-i)よりも、三井住友・DC新興国株式インデックスファンドやたわらノーロード新興国株式の方が信託報酬ならびに実質コストが安いです。

参照サイト
インデックス投資日記@川崎
低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2017年1月更新)


それでは積み立て投資の商品をこれら商品にただちに切り替えるかというと、それは保有商品を増やすことになるのでちょっと躊躇しています。

例えば信託報酬が0.4%、実質コストが0.5%くらいをそれぞれ切ってくれる新興国株式インデックス投信が登場してくれると、保有商品を増やしてもなお欲しくなってくるのですがね。

iFreeはどうか?これは、まだ実質コストが見えないのでなんとも言えず、であります。

あわてずに様子を見ることにします。

2016年12月16日 (金)

2016年12月の積み立て購入商品-振り返れば今年は安値買いの年だった

WATANKOは日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。

さて今年最後の積み立て投資を行いました。その内容は7月に日本株式をニッセイ日経225インデックスファンドに変更して以降、半年間ずっと変わっていません。

関連記事
2016年7月の積み立て購入商品-ニッセイ日経225インデックスファンドにカムバックさて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201612312

さらに12月の仕入れの結果、11月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201612313

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。

さていつも月次でこの積み立て投資の記録を記事にしているのですが、平均購入単価の推移を毎月眺めてみても、前月比では0コンマ%の変動しか見られません。今月は新興国株式が1%もUPしたのは、前月比の動きとしては比較的大きい方です。

それでは1年前の平均購入単価と今月を比較するとどうかでしょうか。

日本株式は上述のとおり年央で積み立て商品を切り替えているので除外するとして、先進国株式と新興国株式にてそれぞれ1年前と現在の平均購入単価を見てみましょう。

●<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

2015年12月末 12,642円
2016年12月末 11,507円(前年比▲1,235円、▲9.7%)

●野村インデックスファンド新興国株式(Funds-i)

2015年12月末 13,281円
2016年12月末 10,713円(前年比▲2,568円、▲19.3%)

ちょっと意外にも、先進国株式では約10%、新興国株式では約20%も平均購入単価が引き下がっていました。

つまり振り返ってみれば、今年1年間はそれまでの保有資産の平均購入単価水準に対して、安値購入ができた年と言えます。

そうであるならば、毎月の積み立て購入額を2倍にでもして、もっと平均購入単価を引き下げればよかったという後悔もちょっぴり湧いてきます。

しかしそれも後から言えた話であり、今年積み立て投資を行っている最中では思いもよりませんでした。またそれならばといって今度は毎月の積み立て投資を引き上げても、いまやトランプラリーにより投信の基準価額は上昇中であります。このままいけばしばらくは逆に平均購入単価が引き上がることでしょう。

いやはや、やはり「安値で買い、高値で売る」タイミング投資は難しいです。

来年も淡々と積み立て投資を続けることにします。

2016年11月22日 (火)

2016年11月の積み立て購入商品

さて今月も積み立て投資を着実に実行しました。などと書くとおおげさに聞こえますが、SBI証券にて記事を手動で金額買付をするだけです。所要時間は合計で5分もかかりません。

でもこの気軽さが大事であります。この手間いらずが長期投資で必要なことです。

WATANKOは日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信をSBI証券にて毎月積み立て購入しています。今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201611302

さらに11月の仕入れの結果、10月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201611303

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。

さて今年の積み立て投資も残すところ来月分で最後です。昨年はNDロードスターを購入してしまい、投資にまわせた余裕資金が少なかったのですが、今年は5,000千円超を積み立て投資にまわせる格好となりました。

それだけの資金を投資にまわせたということは家計における大きな出費が特段なかったこと、不動産賃貸業で不測のトラブルによる出費がなかったこと、等を意味しています。よかった。よかった。

妻ミサト「あら大変、

寝室のエアコンが壊れたわ。
浴室のシャワーも取り換えないと。
固定電話も古くなって子機やFAXが使えなくて不便だわ。
それにやっぱり姿見が欲しいわ。
家族だんらんのために小さなコタツを買いましょう。
それといいかげんに私のムーブのノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの両方とも買い替えが必要ね。

よろしくお願いするわ。」

WATANKO「以上のリクエストは、すべてノンフィクションであります。(私のPCはもう1年我慢して使うか...。)」

2016年10月20日 (木)

2016年10月の積み立て購入商品-積み立て商品をあらためて紹介

さて今月も積み立て投資記事をUPしますが、7年目となるこの駄ブログに今日も新たにご来訪いただいた方もいるやもしれません。

そこでWATANKOが現在積み立て購入している商品について簡単に紹介致します。

■日本株式、先進国株式、新興国株式のインデックス投信を毎月積み立て購入

インデックス投資家には、自身のポートフォリオのメインには株式アセットを据えている、そしてその中でも更に先進国株式のウェイトが多いという方がたくさんいることでしょう。

WATANKOもそんな一人であり、現在のポートフォリオ、そして毎月の積み立て購入している投信の中では先進国株式が一番多く、次いで新興国株式、日本株式が同じくらいのシェアを持っています。

さてその積み立て商品ですが、現在の対象は次のとおりです。いずれもSBI証券で購入しています。

■日本株式は『ニッセイ日経225インデックスファンド』

DC(確定拠出年金)向け投信の一般販売の先駆者として2010年に発売されたこの商品。長らく日経225、TOPIX通して日本株式インデックス投信の中で信託報酬最安値のチャンピオンでした。

しかしながら2年前から信託報酬が更に安い競合商品(たわらノーロード、iFreeシリーズなど)が発売されてコスト的には劣後してきています。

一方でこうした競合商品はSBI証券では軒並み投信マイレージの対象外となっているのに対して、老舗だからなのかニッセイ日経225インデックスファンドはいまだマイレージが適用されており、これを加味すれば相当お得であります。

関連記事
日本株式アセットクラスの積み立てはニッセイ日経225インデックスファンド@SBI証券を継続します(2016/9/24)

■先進国株式は『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』

先進国株式は常に信託報酬の最安値のリード役となっている<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドです。

最近では先進国株式インデックス投信の中で資金流入額は2位以下を大きく引き離してぶっちぎりであります。このままですと純資産において先輩格のSMTやeMAXISを追い抜くのも時間の問題かと思われます。

一方で現時点では信託報酬の最安値の座をiFreeに奪われていますが、新聞記事情報によると、ニッセイアセットマネジメントはこの投信を含めた一連の<購入・換金手数料>シリーズの信託報酬を更に引き下げてくる模様です。

信託報酬がもっと安い新商品がでたからといって慌てて乗り換えることなく、ニッセイの動きをよく見てから判断しても遅くはない、と思わせるほど、ニッセイアセットマネジメントは競合商品とのコスト競争を意識した動きをこれまでみせてきました。今後も期待しています。

当然ながらWATANKOもしばらく様子見であり、当面は先進国株式の購入商品をこの投信から乗り換えることはしません。

関連記事
先進国株式インデックスファンドのシェア2016(2016/7/23)

ニッセイ、信託報酬最安値の座 2015(2015/11/14)

■新興国株式は「野村インデックスファンド新興国株式(Funds-i)」

低コストの商品選びでは信託報酬が重要ですが、それだけでなく信託報酬+その他コストの実質コストも無視できません。とくに新興国アセットクラスはその他コストが少なくないケースが散見され、信託報酬が最安値だからといって実質コストもまた再安値とは限りませんし、往々にして異なる場合も見かけます。

そこで他の著名インデックス投資ブログ記事を拝見して実質コストを把握し、それがほぼ一番安いこの投信を選んでいます。

信託報酬だけみるとたわらノーロードが最安値なのですが、実質コストはどうか。はたまた競合商品が信託報酬引き下げに動いてくるかという関心もありますので、この投信の積み立て購入を続けながら、もうしばらく様子を見ていきます。


■さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201610312

さらに10月の仕入れの結果、9月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201610313

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。

2016年9月25日 (日)

2016年9月の積み立て購入商品

【9月21日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

68,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

25,031千円

■損益率

36.8%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

前回記事にも書きましたが、今年も夏場を迎えてインデックス投信の新規設定がいくつかみられました。そればかりではなく、今年はスマート・ベータ型指数に連動するインデックス投信や信託報酬が従来より低めなアクティブ投信なども発売されており、とてもバラエティある様相です。

これら新規商品群は後発だけあって、従来からあるライバル商品にはない利点を備えていることがありますが、それではたちまちのうちにライバル商品に流れ込んでいた投資資金が新規商品にごそっと流れ込むかというと話はそんなに簡単ではありません。

個人投資家は、新商品について売り手側が提供する商品情報だけでなく、第三者の様々なレビューをWebで確認して、従来の購入商品からスイッチするに足るか否かよく考えることでしょう。しかも新商品についてそのメリットを認めたとしても、保有商品が増える事自体や、保有商品を買い替えする場合の税金前払いを避けたがる気持ちが湧いてくるかもしれません。

素直に新商品を買い付けられない。この駄ブログに来訪される方々の中にはそんなタイプの個人投資家はいらしゃいませんか?

さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201609302

さらに9月の仕入れの結果、8月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201609303

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。


さて先月の当記事では「ニッセイやSMTやeMAXISは最近、目立った動きが見られないです。もうコスト革命は終了ですか。」と述べたところ、SMTから配当貴族という新商品が設定されました。そして今般、eMAXISシリーズでは信託報酬についての動きがあったようです。さてこいつを次回取り上げてみましょう。

妻ミサト「またまた他の著名ブログで取り上げられたメジャーな話題を半周遅れでPICK UPしているの?」

WATANKO「いやー、ワタクシなりに考えたことを申し上げたく候」

妻ミサト「それともアクセス稼ぎ?しょうがないわね。私が昼間、パートから帰ってきたら、自宅のPCからこの駄ブログにアクセスしてF5キー連打しておいてあげるわよ。」

WATANKO「ありがとうございます。・・・でもそんなことやってもらっても全く嬉しくないんですけど。」

妻ミサト「!!!」

2016年8月18日 (木)

2016年8月の積み立て購入商品

【8月16日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

68,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

24,840千円

■損益率

36.5%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


リオ・オリンピックとSMAPの解散とシン・ゴジラとポケモンGOのおかげで、世界の相場動向のことなどすっかり忘れていたWATANKOをはじめとした個人投資家の皆さん、安心してください。先月に引き続き8月も大きな変動はみられませんでした。ただしここにきて円高が進行してきています。日本の株式相場にどれだけの影響を及ぼすものか。

さて今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201608312

さらに8月の仕入れの結果、7月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

201608313

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。

さて先月から日本株式アセットクラスは、ニッセイ日経225インデックスファンドに積み立て先を切り替えていますが、そういえばニッセイやSMTやeMAXISには最近、目立った動きが見られないです。もうコスト革命は終了ですか。

などと考えていたところへきて、SMTから新商品が設定されました。配当貴族というやつです。

さてこいつを次回取り上げてみましょう。

2016年7月20日 (水)

2016年7月の積み立て購入商品-ニッセイ日経225インデックスファンドにカムバック

世界の株式市場は、6月下旬から起きたBrexitによる相場下落からすでに立ち直ってしまいました。

WATANKOは相場が下落した期間中に6月のスポット追加購入と、7月の月次積み立て購入を済ませておりました。またどこかの欧州諸国がEU離脱を決めてくれれば、スポット追加購入を実行するのですが。

などとふざけ話はさておき、今月の積み立て商品のお値段(購入単価)は如何であったか?

Notes)表中の金額単位は円です。

201607312

さらに7月の仕入れの結果、6月末と現在とを比較して、平均購入単価はどれくらい変動したのか?以下のとおりです。

Notes)
*表中の金額単位は円です。
*NISAは暦年ごとに損益を認識する必要があるため2016年の分のみの表記としています。

201607313

日本株式アセットクラスの積み立て購入商品については、今月より日経225インデックスeから、以前積み立てしていたニッセイ日経225インデックスファンドに戻しました。

本年初、日経225インデックス連動の一般公募投信にて、信託報酬最安値を更新した日経225インデックスe(信託報酬0.19% 税抜)に積み立て商品を切り替えました。

関連記事
2016年1月の積み立て購入商品-日経225インデックスeを積み立て購入開始

しかしこの投信はSBI証券の投信マイレージサービスの適用対象外商品となっています。信託報酬が安いため、これ自体は致し方ないことですし、別に不満もありません。

よって積み立て商品として日経225インデックスeを新たに選びました。

しかしよくよく考えてみると、それまでWATANKOが購入していたニッセイ日経225インデックスファンド(信託報酬0.25% 税抜)は、昔も今もSBI証券のマイレージサービスの対象となったままです。

WATANKOの場合、SBI証券口座にある投信の資産残高が20百万円以上かつSBIカード会員限定のSBIポイント現金交換レートが適用されることにより、年間0.24%分の現金還元があります。

つまりニッセイ日経225インデックスファンドであれば、信託報酬に対して投信マイレージサービスによる現金還元にて購入者に対して信託報酬のほとんどが還元される仕組みとなっています。

それを忘れて2つの投信の信託報酬だけを単純比較して、積み立て商品を切り替えてしまいました。

SBI証券の投信マイレージサービスが現行どおりに今後も存続し、かつニッセイ日経225インデックスファンドがその対象商品となっている間は同商品を積み立てることにします。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介