無料ブログはココログ

ブログランキング

にほんブログ村

  • 記事紹介

2018年6月 5日 (火)

Intermission-ブログ300萬アクセスありがとうございます

Wood3157395_960_7201

(やっとこさ300萬)

2010年3月にスタートした「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」は、世界の片隅にある泡沫ブログです。記事の書き手は大して文才にない平凡なるサラリーマンです。

ですからアクセス数は昭和の鈍行列車のごとくのんびりを積み上げてきました。

2012年12月(33か月経過)で30万アクセス
2013年8月 (42か月経過)で50万アクセス
2015年1月 (58か月経過)で100万アクセス

にそれぞれ到達してきました。

100万アクセス到達後、長いことアクセス数の伸びを無視してひたすら駄ブログ記事を書き綴ってきましたところ、2018年6月(123ヶ月)経過したところで累計300万アクセスを達成することができました。

これもまたひとえに、この駄ブログにご来訪いただきました皆様のおかげです。ありがとうございました。

プロの記者でも作家でもない市井の個人投資家兼サラリーマンのWATANKOが綴るこの駄ブログ記事を読んでいただいたこと、そしてコメントまでもお寄せいただく皆様に深く御礼申しあげます。

いまやブログといえば、Word Pressを用いてデザインが商業サイトっぽくカッコよく仕立てられているものがどんどん増えてきています。

そんな中にあってこの駄ブログはもはやオールドファッションもいいところです。

こうなりゃ、あくまでテキストで勝負や!と言いたいところですが、万年素人個人投資家&成り行き不動産投資家としては語ることでてきる投資の話は限られています。

あとは

★金融の世界の常識について、市井のビジネスマンの目線でもって「それは違うのではないか?」というツッコミ記事

★色々な経験談(n=1ですが)や伝聞から得られた、商業誌には載りそうもないリアルな話

★素直に良いと判断した商品・サービス、人やイベント、記事などを紹介してこれを広める話

など他の個人投資家ブログではのっていない”ユニーク(固有)”な記事をお届けしたいと思います。

資産運用(忍耐)と車趣味(煩悩)のパフォーマンス・ストーリー 「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」

今後ともご愛顧のほど、宜しくお願いします。

2018年4月 1日 (日)

<追記あり>【重要】ブログ運営者の変更のお知らせ

Model2911330_960_7201

(さあ4月から新装開店です!)

当ブログにご来訪の皆様、こんにちは。

いつもこのブログで記事を書いているWATANKOの長男、ウータです。

父のWATANKOは、このブログでいつも商品を値下げしろだとか、不動産投資のしくじりとか、母ミサトの尻に敷かれている様子とかばかりを記事にしています。

そうそうスーパーカーを買う買う詐欺にもなりつつありますね。母が聞いたら卒倒しそうな金額の車を買うことが本当にできるのか。ランボルギーニ!? ハハハハハ、息子の私からみたら大いに疑問です。

正直言って、息子の私からみて、このブログは全然面白くありません!!!

そこでこのブログの運営者を、虚言妄想な記事ばかり書いているWATANKOに代わって、今月から私ウータが担当させていただきます。

現在21歳のウータが、学生の目線でもって同世代の皆さんに実用的で夢のある記事を毎回お届けいたします。

例えば、こんな感じです。

★2018年度版 大学の授業をできるだけさぼって単位を獲得する方法

★バイト先の嫌な先輩を排除するための噂の流し方

★親から賢く確実におこづかいをせびるテクニック

★自分が決して傷つかずに彼女をGETできる法則

・・・etc

そうそう資産運用についてもはずせませんね。

取り入れるのはバリバリなアクティブ投資です。

学生がインデックス投資なんてチンタラやっていたら、あっという間に社会人になってしまいます。

はやいとこ大儲けして、親と社会を負かしてやりましょう。

私たちの目標はマーク・ザッカーバーグと与沢翼です。

また、このブログのタイトルについても、若さとアクティブ投資にあふれた記事を象徴するために、次のとおり変更します。

『アクティブ投資で金持ち学生をめざす!』

さあ、次回からガンガンいくぜ!みんなついてきてくれ!!

<次回予告>

悩める学生に相手に自己啓発セミナーを開いて金をせしめる業者が最近はやっていると聞いた。これはさっそく調べる必要がある。セミナーに申し込むとしよう。

おっと勘違いしないでくれ。セミナーについて違法なところを見つけて告発するのが目的じゃあない。巧妙なお金の集め方を会得して、自分でやるためさ。他人の悪知恵は俺のもの。市場平均を出し抜く投資をまたひとつ覚えていくぜ。

次回、アクティブ投資で金持ち学生をめざす!

『自己啓発セミナーをパクってひと儲けしよう!』

さあ次回もアクティブ! アクティブ!


【さらに重要な追加情報開示】

さて、既にお気づきの方もいるかと思いますが、本記事はエイプリルフールネタでありました。

息子は以前、インデックス投資に興味をもったものの、その後は学業やバイトで忙しくてサッパリであります。

2018年1月 1日 (月)

2018年、ブログスタート-今年も地道にインデックス投資

Img_1649

(2018年の初日の出をお届けします。)

当ブログへお越しの皆様、2018年あけましておめでとうございます。

首都圏の一部では大晦日には小雨が降りましたが、元旦の朝は晴天の良い天気に恵まれてお正月を迎えました。

WATANKOはほぼ毎年、早朝ドライブがてら県内の海まで出向き、初日の出を拝んで参りました。自宅から最寄りの海までは車で1時間の距離です。地方都市に住んでいると海も山も近くて自然派には最高であります。

Img_1652

初日の出からの帰路、元旦の朝日を浴びながら疾走中。気持ちイイ。

■WATANKO家の2018年

毎年、正月記事ではWATANKO家の動向をアップ・デートしております。2018年は以下のとおりです。

★仕事⇒忙しさは続く

勤務先では2018年も忙しさが続きます。昨年の年間労働時間は残業時間込みで約2,300時間程度。WATANKOの場合、さらに通勤時間に関して約700時間が長距離分としてかかります。この状態が労働時間+通勤の長距離分で年間3,000時間です。

自分でも改めて計算してみて、その時間の多さを目の当たりにすると、またぞろ早期リアイアしたくなりました。

★家業⇒今年は平穏、であってほしい

家業ともいえる不動産投資関連では昨年は忙しかったので、今年は平穏に過ごしたいです。とりあえずの課題としてあげられるのはアパートの空室率を抑えることと、昨年末に新規開店したラーメン店の運営状況です。

★家族⇒子ども達の受験勉強

長男は国家資格習得、次男は高校進学に向けて、それぞれ受験勉強の頑張りの年です。今年は家族旅行は中断かもしれません。WATANKOも二人の受験勉強が順調に進むように毎日念波をおくる日々です。(どこに?)

★健康⇒最低でも維持

昨年の定期診断で各数値は横這いに推移していますが、換言すれば中性脂肪やコレステロールの値が高止まりで改善していないことを示しています。脱メタボに向けた絶対に負けられない戦いは今年も続きます。

■今年の抱負“淡々”

さて投資に関する今年の抱負は“淡々”です。

インデックス投資についてはもう以前から積み立て投資が習慣づけされていますので、これを淡々と続けていきます。地道な旅ですがここに後退はありません。前進あるのみです。

あえて淡々と述べましたのは、たとえ相場下落や円高が起きてもこれに動じない、狼狽売りなどしないという方針を貫く意思をここで宣言したいからであります。(今年は波乱がはたしておきるでしょうか。)

というわけで市井の万年素人個人投資家WATANKOが綴る、インデックス投資で地道に資産運用+自動車趣味に浪費する忍耐と煩悩の物語 「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」、2018年スタートです。

2017年12月31日 (日)

駄ブログ納会2017-今年もお世話になりました

Child1822471_960_7201

(皆様、今年もありがとうございました。)

2017年も大晦日を迎えました。WATANKOは妻と昼過ぎには隣町の温泉施設に行き、夜まで飲み食い⇒温泉⇒リフレクソロジーの繰り返しにて過ごす予定です。

嗚呼、シニアの怠惰なる一日。

さて駄ブロガーの大晦日はさておき、当ブログの1年を振り返ってみます。

■先ずは肝心のブログ記事

2017年は本稿を含めて合計169本の記事をUPしました。昨年が167本ですから横這いです。単純計算で2.2日に1本ですが、これをせめて2日に1本としたいところです。

カテゴリー別の記事数は次のとおりです。
(1記事で複数のカテゴリーに該当するものもあるので、合計は169本にはなりません。)

20171231

インデックス投資に関する記事が6割を占めています。この駄ブログもインデックス投資ブログの端くれですので、これは当然です。特に今年はVTIを買ったことなどがあってETFの記事が増えました。

それ以外の傾向としては不動産投資の記事がダントツで多かったです。不動産に関して今年は沢山の出来事がありました。しかしその甲斐あって長年の懸案が2件片づきました。よって来年はトラブルフリーでいきたいものです。

■イベントへの参加

次に渉外活動?を振り返ってみます。2017年に参加させていただきましたイベントは次のとおりです。

●1月 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the year 2016」表彰式(さらにその後の懇親会では幹事のお手伝いをさせていただきました。)

●5月 インデックス投資+不動産投資のオフ会

●6月 つみたてNISAに関する金融庁との意見交換会

●7月 インデックス投資ナイト2017

●9月 つみたてNISAフェスティバル

●10月 サムライズジャパンの勉強会

●11月 三菱UFJ国際投信による投資家ミーティング

●12月 バンガードによるブロガー限定交流会

2~3月は勤務先での業務が多忙を極めており、なかなかイベントへの参加が難しかったですが、それ以外には、ほぼ月イチのペースにて参加させていただきました。

お声をかけていただきました幹事の方々には、この場をかりて改めて御礼申し上げます。

これに懲りずに来年も声をかけていただけますとありがたく、よろしくお願い致します。

■来年は資産運用が大きな節目を迎える

WATANKOのインデックス投資は来年の3月で満10年を迎えます。運用期間の当初予定は20年間ですから、丁度折り返しの時期に当たります。そこで来春にはインデックス投資10年の総括を行う予定です。

また資産運用の状況もいよいよ次の大台に到達してきました。詳しくは次回の運用状況にて報告致しますが、今後の運用方針について慎重な検討フェーズにかかってきたところです。

最後に今年もこの駄ブログにアクセスいただいた皆さん、コメントをお寄せいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

またTwitterでリツイートや「いいね」に登録されたり、リプライいただいた皆さん、どうもありがとうございます。

皆さんからのアクセスやコメントが何よりのブログの更新エンジンであります。

これからもこの駄ブログをご笑覧いただき、ご意見ご感想をお寄せください。加えてご指導ご鞭撻もお待ち申し上げます。

当ブログ「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」は、一般ビジネスマン感覚でもって、インデックス投資の実践、不動産投資のリアル、自動車オタクの大言壮語あるいは重箱の隅つつき他を題材とした蓄財と消費のパフォーマンス・ストーリーであります。

来年もまた皆様にご愛顧いただけますよう頑張って記事更新してまいります。

皆様もどうか良いお年を。


妻ミサト「ブログ更新、終わった~?出かけるわよ~」

WATANKO「へいへい。では、よいこらしょと。(ロードスターの幌を開ける。)」

妻ミサト「大晦日もオープンかい。貴方はジョークだけでなく車も寒いわね。」

2017年12月24日 (日)

今年1年間に多く閲覧いただいた当ブログ記事―2017年1月~2017年12月

【12月22日終値ベース運用状況速報】

■投資元本(待機資金含む)

129,000千円

■評価損益(分配金・確定損益・税還付込み)

55,921千円

■損益率

43.3%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Laptop1246672_960_7201

(皆様、今年も閲覧いただきまして、ありがとうございます。)

さて他の著名ブログを真似て、当ブログでも半年毎に直近1年間でアクセス数を多く集めた記事を紹介しています。少し早いですが今年2017年の1年間ではどの記事が多く読まれたのか。

★第10位
今、ゼロから投資を始めると仮定したらどうするか@WATANKO(2017/11/25) 2,545PV

⇒Twitterでフォロワーの方に記事情報を拡散いただいたおかげか、短期間でPVが伸びました。インデックス投資の環境はここ数年でコストを始め様々な面で改善、充実してきました。将来は信託報酬0.1%未満、日本の投資信託と海外ETFが利便性の面で全く同一になる、そんな日がくるかもしれませんね。

★第9位 
(続)毎月積み立てはいつがよい? (2010/8/23) 2,642PV

⇒古い記事ですが、毎回なぜかトップ10入りしています。タイトルが検索されやすいキーワードに合致しているのでしょうか。

★第8位 
2017年11月末運用状況(2017/12/3) 2,778PV

⇒最近増えた新規閲覧者の方々の多くにご覧いただいた記事です。この万年素人個人投資家は色々と下手な能書きをたれているが、一体どんな運用資産状況なのか。

★第7位 
なぜ早期リタイアをしないのか(2017/8/27) 3,045PV

⇒この駄ブログを閲覧いただいた方から、時折この記事タイトルの質問を受けることがあります。早期リタイアの実行を記事に書ける日が果たして来るのか。WATANKOは妻とじっくり話し合っていきたいと考えます。

★第6位 
55歳で早期リタイアできれば十分幸せかもしれない (2013/9/5) 3,109PV

⇒これも早期リタイア記事です。60歳定年に対して5年も繰り上げて仕事を辞めることができたなら、WATANKOはもう十分に幸せです。


続いてトップ5であります。

★第5位 
(続)NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/20) 3,112PV

⇒この一つ前の記事をセットで読んでいただければ幸いです。

★第4位
新興国株式クラスは不要なのか-アセットクラスの流行り廃り(2017/1/13)3,130PV

⇒今年の記事では断トツのアクセス数でした。皆さんは分散投資でリスクコントロールを心がけているはずが、いつのまにか足元のリターンが高いアセットに集中投資するスタイルに変わっていませんか?

★第3位 
配当貴族インデックス・オープンに死角はないのか(2016/8/26) 3,443PV

⇒米国株式の人気が高まってくると、配当重視の個人投資家が増えてくるのは気のせいでしょうか。なお長期投資の視点からは配当はファンド内で再投資してもらうに限るのですが、一方で長期投資のモチベーション維持として、多少の配当をもらい、これを使うというのは賛成できる考え方であります。配当がでたら高級イタリアンへGO!

★第2位 
NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/19) 4,253PV

⇒この記事は毎月、閲覧数を根強く集めています。NDロードスターの購入を検討されている方にとって少しでも参考になれば幸いです。

★第1位 
燃費でハイブリッドを選んではいけません(2017/5/4) 11,035PV

⇒よくある自動車記事です。改めて大原則を述べておきますと、ハイブリッド車はガソリン車よりも付加価値が高い車です。したがいましてより高いコストをユーザーが支払うことは工業製品としての成り立ち、ビジネスの定石からいって明らかです。

日々の小銭を浮かせるために、一方で結構な額の初期支払い(割高な車両価格)を負担していることをよくご理解ください。

(あとがきにかえて)

妻ミサト「最後に私が登場する記事はアクセス数が伸びているのかしら。」

WATANKO「それは定かではありませんが、オフ会で当ブログをご覧いただいている方の中には、貴方に関係する質問をうけることがあります。」

妻ミサト「どんな質問かしら?(・・・ワクワク)」

WATANKO「発言そのままに言えば、『WATANKOさんは恐妻家ですか?』」

妻ミサト「!!!」

2017年11月10日 (金)

【お知らせ】数日間、更新をお休みさせていただきます

自宅パソコンの調子が悪く、ブログ更新がままなりません。

よって数日間、ブログ更新をお休みさせていただきます。

m(  )m


(週末、じっくりメンテナンスする予定)

1642611

2017年6月26日 (月)

直近1年に多く閲覧いただいた当ブログ記事―2016年7月~2017年6月

Businesscard1019949_960_7201

(直近1年間で最も読まれた当ブログ記事はコレです。)

著名な個人投資家ブログの真似事ではありますが、今回はこの駄ブログで2016年7月~2017年6月までの直近1年間にて多く閲覧いただきました記事のトップ10を紹介致します。(ちなみの当ブログでは半年おきに直近1年間でのアクセス数トップ10記事を紹介しています。)

先ずは第10位から第6位まで。

★第10位 確定拠出年金-2016年12月末運用状況&10年間の振り返り(2017/1/7) 2,317PV


⇒確定拠出年金に関しては、半年毎に運用状況を記事として取り上げています。特にこの時はWATANKOの勤務先が同年金を導入して丁度10年が経ったという節目の時期でした。

おっとそろそろ6月末の運用状況を報告する時期が近づいてきました。


★第9位 インデックス投資ナイト2016に参加しました(2016/7/10) 2.405PV

⇒インデックス投資ナイトは2015年の初参加に引き続き2回目です。本番前の懇親会で既に仲間と盛り上がり、そのまま本会になだれ込みという展開でありました。この手のイベントに参加する時には、WATANKOは大抵年長組ですが、ひるまず出会った若者たちとワイワイ、ガヤガヤやっています。

★第8位 (続)毎月積み立てはいつがよい? (2010/8/23) 3,133PV

古い記事ですが、前回に引き続き、今回もなぜかトップ10入りしています。個人投資家の皆さんは、月次の何時、積み立て実行しているのでしょうか。

★第7位 iFreeシリーズ登場、後発だけあってよく考えられたラインナップです(2016/8/29) 3,318PV

⇒iFreeシリーズ、その後どうなってしまったのか。特にラインナップの中にあった8資産バランスは発売当初、8つの資産に非常に低コストで投資できるため注目を浴びました。しかしその後、ほんのわずかですが、iFreeを更に下回る信託報酬が話題となり、MAXIS Slimバランスにとってかわられた感が...いえ、後日ちゃんと実績をもとに検証してみます。

★第6位 冷静に考えると選ぶべきはポルシェ・ケイマン(2013/8) 3,543PV

⇒クローズト・スポーツカーなら、あらゆる意味でコスパ最高な1台です。迷わずお勧めします。

続いてトップ5であります。

★第5位 (続)NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/20) 3,780PV

⇒この前の記事とのカップリングで、よく読まれております。ありがたや。

★第4位 55歳で早期リタイアできれば十分幸せかもしれない (2013/9/5) 

⇒最近、特に勤務先での仕事がきつくなりましたので、ますます記事タイトルのように早期リタイアに憧れる日々です。

★第3位 配当貴族インデックス・オープンに死角はないのか(2016/8/26) 5,339PV

⇒配当貴族のファンドは注目度が高いですね。ちょっとネーミングが庶民ぽくないところも保有者の心をくすぐるのでしょうか。

★第2位 NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/19) 7,733PV

⇒この記事は引き続き閲覧数を根強く集めています。当ブログ開設以来の累計ではおそらくNo.1のアクセス数でしょう。

★第1位 燃費でハイブリッドを選んではいけません(2017/5/4) 10,816PV

⇒閲覧数は第2位を大きく引き離してトップでした。よくある自動車記事です。ハイブリッドを選ぶ皆さん、たとえ自動車関連の税金が優遇されたとしても、HVの高燃費で割高な車両価格の分のもとをとるのはとても困難です。

(あとがきにかえて)

例え自分の興味が薄くとも旬の話題や人気があるテーマ、煽りネタ、誰かに対する中傷を自分のブログ記事に取り上げれて書けば、閲覧数(PV数)を伸ばせるかもしれません。

しかしそのような記事ばかりが目につくブログは、WATANKOには、さながら2ちゃんねんのスレッドのように荒んで見えます。

今回、第1位となった自動車記事「燃費でハイブリッドを選んではいけません」などはその取り上げ方に慎重さが必要な内容であり、WATANKOにも反省すべき点があるところは否めません。

そんな荒んだブログになることは、どのブロガーにとっても本意ではないはずです。来訪者が後から読み返してもやっぱり「イイネ!」と思ってもらえる記事をひとつでも多く書きたくて、WATANKOは睡眠時間を削ってでもこのブログをイキイキと続けています。

皆様におかれましては「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」をご笑覧のほど、よろしくお願い申しあげます。

2017年5月21日 (日)

自動車の話題の不毛なやりとり経験からブログの品位に気をつける

A0002_011891

(自宅まで帰ってきてまで、仕事場と同じようにまたキーボードに向かう理由は?)


先日の記事「燃費でハイブリッドを選んではいけません」は、他の記事と比べて数倍のアクセス数をいただきました。

関連記事

燃費でハイブリッドを選んではいけません

Twiteerで広まった効果もありましたが、もともと自動車に対して関心がある人の数は、おそらくインデックス投資のそれよりも遥かに多く、かつ「ハイブリッドの経済性」はWebで取り交わされる自動車の話題としてメジャーな話題のひとつであるため、アクセス数が集まったのでしょう。

かつてWATANKOは自動車関連のWeb匿名掲示板で、己の知識と見識を頼りに、果てしない不毛な討論を続けて、生産性のない、時間の浪費をしてしまった経験があります。

当時、Yahoo!やCar View(今は閉鎖)の自動車掲示板(いずれも)で、以下のような話題について、その必要性の有無についてやりとりが延々と続けられてきました。

●5,000km程度の距離でオイル交換すること
●交差点で一時停止した際に対向車のためにライトを消すこと
●一時停止時に都度、ATをPまたはNドライブに入れること
●暖機運転
●エンジンやトランスミッションへの添加剤
●洗車やワックスかけ
など等

ちなみに掲示版の装いが変わってきておりますが、久しぶりに覗いてみると、今もこういったやりとりが続いているようです。

それに昔も今も変わらず酷くなるとミニバン叩き、軽自動車叩き、輸入車叩きなどもあり、スレッド一覧をみると、もう何が何だかカオスなモード。2chと変わりありません。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOはこうした過去の反省から、当この駄ブログにて自動車の話題をあげる際には、自分自身のカーライフのほかに、一応「投資ブログ」ですから読んでいただく方にとって家計の参考となる話題を中心に書くように心掛けています。

それはある時は、先日の記事のように自動車の保有・維持コストに直接関連する話題であったり、時には大枚はたいて購入する(=家計に大きな影響を及ぼす)マイカーについて、その選び方の参考となる話題であったりします。

こういった範疇を超えた「オイル交換のインターバル」や「暖機運転の良し悪し」など、論争の意義が薄い話題や、ドライバーのマナーに関する話題は当ブログでは避けています。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

ブロガーの皆さんは、なぜブログを書くのでしょうか。そこから直接的または間接的に収入を得たいからと答える人。あなたは正しい。元手がほとんどかからず、タイピングでお金を稼ぐことができるのですから、魅力的な副業(本業?)です。

しかしそれだけでしょうか。自分が考えていること、信じていること、価値があると思っていることを他人に伝えたいという根源的な欲求の上に、ブログというものは成り立っているとWATANKOは考えます。ただ自分が思っていることを文書にしたためたいだけならば、誰にも見せない秘密の日記帳にいくらでもかけばよいのですから。


そうならばブログのあり様は、読み手に自分の書いた記事が十分に伝わることが第一義であります。そのためには読み易く、わかりやすい文章や内容であること、そして読み手の共感、賛同を得られやすい品格を備えていることが大事であります。

かくいうWATANKOが綴るこの駄ブログも十分な品格を備えるまでにはまだまだ至ってはおりませんが、この気持ちは忘れずにブログを書き続けたいと思います。

2017年3月 1日 (水)

(続)インデックス投資が満9年、ブログ開設が満7年を迎えました

Adult1836445_960_7201

(よくも続いたもんだ。)

時に西暦2010年2月末

万年素人個人投資家WATANKOが綴る駄ブログ「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」がスタートしました。あれから今月末でちょうど満7年が経ちました。赤ん坊が生まれて小学校入学するまでの年月と同じです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

元来飽きっぽいWATANKOが、よくもまあ7年間もブログを続けられたものだと我ながら感心します。実は多くのインデックス投資ブロガーと同様?にブログ記事を書くことは、インデックスファンドを用いた資産運用よりも遥かに時間がかかることなので、尚更です。

せっかく手間いらず、時間かからずのインデックス投資を選んだ個人投資家なのに、一方で時間を費やすブログをなぜ書いているのか。

それはブログというプラットフォームが、テーマはもちろん、分量も頻度も問われない自由な形式で発信できるセルフ・ジャーナリズムだからです。

もちろんながらそこには他者に対する誹謗中傷や、公序良俗に反する表現はNGですが、それを守れば、あとはそこには大いなる言論の海原が広がっているのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOはインデックス投資を始めるようになって、素晴らしい諸先輩方のインデックス投資ブログを日々拝見してきました。

やがて2年近く経ってくると、インデックス投資に関して、小さいながらも自分自身の中に湧いてくる意見を発信してみたいという欲求にかられました。

インデックス投資についての記事は速報性、専門性等においては、先輩方ブロガーにはとてもかないませんが、自分なりのユニーク(固有)の意見なら言えます。

また業界情報を伝える際にも、この駄ブログでは「So What」の視点をなるべく盛り込むようにしています。(偉そうですみません)

そしてブログで綴る主張には「因果」をつけるようにしています。つまり原因と結果、主張と根拠をセットで語る事です。

根拠については客観的なデータである場合、自分の経験則に基づく場合、あるいは多くの伝聞から帰納的に導き出した場合など様々です。

あとブログのユニークを打ち出す意味においては、インデックス投資という個人投資家間における共通テーマ以外に、「自動車趣味」「不動産投資」という2つにテーマを添えています。

しかしながらインデックスファンドという流動資産を語るブログを標榜しているわりには、一方で自動車や不動産といった固定資産を語っているとは、なんともごった煮な感が否めないブログと言われてしまうかもしれません。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOはブログをはじめてから5年くらいは、個人投資家の集まりなどオフ会にでることは想定していないスタンスでした。

しかしブログを続けてきているうちに、ブログを継続するモチベーションをもっと高めたいこと、皆さんに駄ブログながらもっと読んでもらえるような記事を書けるようになるためのヒントが欲しくなったことを理由に、2015年から徐々に個人投資家の皆さんとお会いできるイベントに出ることに方針転換しました。

その結果、これまで合計60名以上の個人投資家の方々(その多くが投信ブロガー)とお会いすることができました。

皆様の多くは30代から40代前半と、アラフィフのWATANKOより若い方々ですが、皆様の輪に入って、いろいろなお話をうかがえてきたことが大いに刺激となりました。

これまでイベントやオフ会でお会いした皆様、本当にありがとうございます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて3月から「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」は8年目に突入です。

毎年、年度末は勤務先での仕事柄、極めて忙しいのですが、めげずに地味にブログ更新を続けていきます。また今年は不動産投資もリブートしますので、そちら関連の記事も昨年に比べれば、色々と書けそうな予感もします。

皆様の引き続きのご来訪をお待ち申し上げます。

(あとがきにかえて)

妻ミサト「わたしからも一言いわせてもらっていいかしら。」

WATANKO「どうぞ、どうぞ」

妻ミサト「毎晩、駄ブログばかり書いていないで、早く寝なさい!」

WATANKO「・・・はい。(小学生のように反省)」

2017年2月28日 (火)

インデックス投資が満9年、ブログ開設が満7年を迎えました

Adult1836445_960_7201

(ここまで頑張れた。)


時に西暦2008年2月末

WATANKOのインデックス投資は、三菱UFJインデックスファンド225というインデックス投信を初めて買ったところからスタートしました。あれから今月末でちょうど満9年が経ちました。

■サラリーマン兼不動産投資家のWATANKO

WATANKOは首都圏にて働くどこにでもいる、ごく普通のサラリーマンです。しかし過去には勤務先が倒産しかけて大リストラを行いました。当時まだ30歳すぎのWATANKOもまた10%給与カット、ボーナスは半減という収入減に直面します。結婚して子どももできたばかりのWATANKOにとっては大変な痛手でした。

個人が経済面で勤務先の企業にのみ100%依存することの危うさを、身をもって知ることになります。

またその数年後には年老いた父に代わり、実家が営むいくつかの不動産物件の賃貸業を徐々に継承しました。しかしこれも賃料の値下げ要請や未払い、物件の破損、隣地所有者との諍いなど様々なトラブルが生じましたし、想定外の支出もかかりました。収支計画をしっかり立てて管理しないと手残りする利益もどんどん目減りするものです。

またサラリーマンを行う傍らで週末、不動産投資家を続けていくことは大変ですし、今もそれは続いています。

■インデックス投資による資産運用のスタート

マイホームや介護、相続の問題が概ね片付き、勤務先でのキャリアも巡航状態を迎えた時に、手持ちの余裕資金をもっと活用して利を得たいと考えるようになりした。そうなると金融商品の売買、証券投資に目が向きます。

しかし定期預金では利回りの水準がお話にならないくらい低いですし、かといって個別株やFXについては「いつ」「何を」買っていいか、その目を養える自信も時間もまったくといっていいほどありませんでした。

嗚呼、神様よ。決して欲はかき過ぎません。WATANKOが子どもの頃に定期預金で目にした4~5%の年間利回りで十分ですから、リスクを抑えてそれを達成できそうな投資方法はないものか。

WATANKOは当時このように資産運用の新しい道を探索していたところにインデックス投資と出会い、これを採用して現在に至っています。なお、勤務先にて確定拠出年金を導入したこともきっかけのひとつであります。

WATANKOの総合的な資産形成においては、勤務先(給与所得)の浮沈や不動産投資(賃料収入)にはどうにも拭い難いリスクが潜んでします。しかもこれらには多大な時間をとられることも頻繁です。

したがいこれら2つのリスク・手間がかかる稼得手段にさらにトッピングする第3の道として、リスクコントロールが行いやすく、手間が少ないインデックス投資がとてもよくマッチしています。

換言すれば勤務先(給与所得)の浮沈や不動産投資(賃料収入)のリスクがある以上、証券投資においては過度なリスクはとれないためインデックス投資を選んだということです。

■商品を売却した過去もあるけれど、現在はバイ&ホールドが定着

インデックス投資というと、インデックスファンドの積み立て購入、バイ&ホールドなどが模範的な手法でありましょう。

しかしWATANKOはここに至るまでにリーマンショックからの一時的な回復期を捉えて、一部のインデックス投信の「やれやれ売り」をやってきたり、証券優遇税制の終了にあわせて商品の売却と再購入、つまりはクロス取引を行ったりしました。

今思えばリターン面は大した効果はなく、メリットは保有商品の数を絞り込むことができたことくらいでした。

2014年にNISAがスタートして以降は、保有商品の売却はほとんど行っていません。

以下はこれまで9年間のインデックス投資の運用成果です。

2017022810

このグラフを見るたびに、インデックス投資が今や自分の資産運用手法として完全に定着していることを実感します。

■これからどんな展開になるか

WATANKOのインデックス投資による資産運用期間を当初20年間、2028年までと想定しています。あと11年間あるわけですが世界はどうかわるのか。

東京オリンピック以降、日本の景気はどう推移するのか。米国の大統領は少なくともあと2回は変わりますが、ロシアや中国の指導者は誰になっているのか。

日本の不動産市場はどうなっているのか。新興国はどれだけ発展するのか。日経平均株価やMSCI-KOKUSAI、ドル円の為替はどうなっているのか。

ウォーレン・バフェットはじめ偉大なるシニア投資家はみないなくなり、個人投資家達は誰の声を聴いているのか。

未来のことはわかりません。しかしWATANKOが、おそらくポートフォリオはかわりこそすれ、インデックス投資を続けていることはかなり高い確率で予想できます。

なぜならそれは自分の意思で決めた資産運用なのですから。

(つづく)

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト