無料ブログはココログ

ブログランキング

2017年3月 1日 (水)

(続)インデックス投資が満9年、ブログ開設が満7年を迎えました

Adult1836445_960_7201

(よくも続いたもんだ。)

時に西暦2010年2月末

万年素人個人投資家WATANKOが綴る駄ブログ「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」がスタートしました。あれから今月末でちょうど満7年が経ちました。赤ん坊が生まれて小学校入学するまでの年月と同じです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

元来飽きっぽいWATANKOが、よくもまあ7年間もブログを続けられたものだと我ながら感心します。実は多くのインデックス投資ブロガーと同様?にブログ記事を書くことは、インデックスファンドを用いた資産運用よりも遥かに時間がかかることなので、尚更です。

せっかく手間いらず、時間かからずのインデックス投資を選んだ個人投資家なのに、一方で時間を費やすブログをなぜ書いているのか。

それはブログというプラットフォームが、テーマはもちろん、分量も頻度も問われない自由な形式で発信できるセルフ・ジャーナリズムだからです。

もちろんながらそこには他者に対する誹謗中傷や、公序良俗に反する表現はNGですが、それを守れば、あとはそこには大いなる言論の海原が広がっているのです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOはインデックス投資を始めるようになって、素晴らしい諸先輩方のインデックス投資ブログを日々拝見してきました。

やがて2年近く経ってくると、インデックス投資に関して、小さいながらも自分自身の中に湧いてくる意見を発信してみたいという欲求にかられました。

インデックス投資についての記事は速報性、専門性等においては、先輩方ブロガーにはとてもかないませんが、自分なりのユニーク(固有)の意見なら言えます。

また業界情報を伝える際にも、この駄ブログでは「So What」の視点をなるべく盛り込むようにしています。(偉そうですみません)

そしてブログで綴る主張には「因果」をつけるようにしています。つまり原因と結果、主張と根拠をセットで語る事です。

根拠については客観的なデータである場合、自分の経験則に基づく場合、あるいは多くの伝聞から帰納的に導き出した場合など様々です。

あとブログのユニークを打ち出す意味においては、インデックス投資という個人投資家間における共通テーマ以外に、「自動車趣味」「不動産投資」という2つにテーマを添えています。

しかしながらインデックスファンドという流動資産を語るブログを標榜しているわりには、一方で自動車や不動産といった固定資産を語っているとは、なんともごった煮な感が否めないブログと言われてしまうかもしれません。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

WATANKOはブログをはじめてから5年くらいは、個人投資家の集まりなどオフ会にでることは想定していないスタンスでした。

しかしブログを続けてきているうちに、ブログを継続するモチベーションをもっと高めたいこと、皆さんに駄ブログながらもっと読んでもらえるような記事を書けるようになるためのヒントが欲しくなったことを理由に、2015年から徐々に個人投資家の皆さんとお会いできるイベントに出ることに方針転換しました。

その結果、これまで合計60名以上の個人投資家の方々(その多くが投信ブロガー)とお会いすることができました。

皆様の多くは30代から40代前半と、アラフィフのWATANKOより若い方々ですが、皆様の輪に入って、いろいろなお話をうかがえてきたことが大いに刺激となりました。

これまでイベントやオフ会でお会いした皆様、本当にありがとうございます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて3月から「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」は8年目に突入です。

毎年、年度末は勤務先での仕事柄、極めて忙しいのですが、めげずに地味にブログ更新を続けていきます。また今年は不動産投資もリブートしますので、そちら関連の記事も昨年に比べれば、色々と書けそうな予感もします。

皆様の引き続きのご来訪をお待ち申し上げます。

(あとがきにかえて)

妻ミサト「わたしからも一言いわせてもらっていいかしら。」

WATANKO「どうぞ、どうぞ」

妻ミサト「毎晩、駄ブログばかり書いていないで、早く寝なさい!」

WATANKO「・・・はい。(小学生のように反省)」

2017年2月28日 (火)

インデックス投資が満9年、ブログ開設が満7年を迎えました

Adult1836445_960_7201

(ここまで頑張れた。)


時に西暦2008年2月末

WATANKOのインデックス投資は、三菱UFJインデックスファンド225というインデックス投信を初めて買ったところからスタートしました。あれから今月末でちょうど満9年が経ちました。

■サラリーマン兼不動産投資家のWATANKO

WATANKOは首都圏にて働くどこにでもいる、ごく普通のサラリーマンです。しかし過去には勤務先が倒産しかけて大リストラを行いました。当時まだ30歳すぎのWATANKOもまた10%給与カット、ボーナスは半減という収入減に直面します。結婚して子どももできたばかりのWATANKOにとっては大変な痛手でした。

個人が経済面で勤務先の企業にのみ100%依存することの危うさを、身をもって知ることになります。

またその数年後には年老いた父に代わり、実家が営むいくつかの不動産物件の賃貸業を徐々に継承しました。しかしこれも賃料の値下げ要請や未払い、物件の破損、隣地所有者との諍いなど様々なトラブルが生じましたし、想定外の支出もかかりました。収支計画をしっかり立てて管理しないと手残りする利益もどんどん目減りするものです。

またサラリーマンを行う傍らで週末、不動産投資家を続けていくことは大変ですし、今もそれは続いています。

■インデックス投資による資産運用のスタート

マイホームや介護、相続の問題が概ね片付き、勤務先でのキャリアも巡航状態を迎えた時に、手持ちの余裕資金をもっと活用して利を得たいと考えるようになりした。そうなると金融商品の売買、証券投資に目が向きます。

しかし定期預金では利回りの水準がお話にならないくらい低いですし、かといって個別株やFXについては「いつ」「何を」買っていいか、その目を養える自信も時間もまったくといっていいほどありませんでした。

嗚呼、神様よ。決して欲はかき過ぎません。WATANKOが子どもの頃に定期預金で目にした4~5%の年間利回りで十分ですから、リスクを抑えてそれを達成できそうな投資方法はないものか。

WATANKOは当時このように資産運用の新しい道を探索していたところにインデックス投資と出会い、これを採用して現在に至っています。なお、勤務先にて確定拠出年金を導入したこともきっかけのひとつであります。

WATANKOの総合的な資産形成においては、勤務先(給与所得)の浮沈や不動産投資(賃料収入)にはどうにも拭い難いリスクが潜んでします。しかもこれらには多大な時間をとられることも頻繁です。

したがいこれら2つのリスク・手間がかかる稼得手段にさらにトッピングする第3の道として、リスクコントロールが行いやすく、手間が少ないインデックス投資がとてもよくマッチしています。

換言すれば勤務先(給与所得)の浮沈や不動産投資(賃料収入)のリスクがある以上、証券投資においては過度なリスクはとれないためインデックス投資を選んだということです。

■商品を売却した過去もあるけれど、現在はバイ&ホールドが定着

インデックス投資というと、インデックスファンドの積み立て購入、バイ&ホールドなどが模範的な手法でありましょう。

しかしWATANKOはここに至るまでにリーマンショックからの一時的な回復期を捉えて、一部のインデックス投信の「やれやれ売り」をやってきたり、証券優遇税制の終了にあわせて商品の売却と再購入、つまりはクロス取引を行ったりしました。

今思えばリターン面は大した効果はなく、メリットは保有商品の数を絞り込むことができたことくらいでした。

2014年にNISAがスタートして以降は、保有商品の売却はほとんど行っていません。

以下はこれまで9年間のインデックス投資の運用成果です。

2017022810

このグラフを見るたびに、インデックス投資が今や自分の資産運用手法として完全に定着していることを実感します。

■これからどんな展開になるか

WATANKOのインデックス投資による資産運用期間を当初20年間、2028年までと想定しています。あと11年間あるわけですが世界はどうかわるのか。

東京オリンピック以降、日本の景気はどう推移するのか。米国の大統領は少なくともあと2回は変わりますが、ロシアや中国の指導者は誰になっているのか。

日本の不動産市場はどうなっているのか。新興国はどれだけ発展するのか。日経平均株価やMSCI-KOKUSAI、ドル円の為替はどうなっているのか。

ウォーレン・バフェットはじめ偉大なるシニア投資家はみないなくなり、個人投資家達は誰の声を聴いているのか。

未来のことはわかりません。しかしWATANKOが、おそらくポートフォリオはかわりこそすれ、インデックス投資を続けていることはかなり高い確率で予想できます。

なぜならそれは自分の意思で決めた資産運用なのですから。

(つづく)

2017年1月 2日 (月)

2017年、ブログスタート-今年の抱負は”節約”です

Img_1046

(2017年の初日の出であります。みなさん、あけましておめでとうございます!)

当ブログへお越しの皆様、2017年あけましておめでとうございます。

首都圏では今年も晴天の良い天気に恵まれてお正月を迎えました。

WATANKOは今年も早朝ドライブがけら近くの海まで出向き、初日の出を拝んで参りました。自宅から最寄りの海までは車で1時間の距離です。地方都市に住んでいると自然も近いです。

■WATANKO家の2017年

1年前の元旦記事では2016年のWATANKO家の動向を色々とつづりました。これについてそれぞれ2017年のアップ・デートすると以下のとおりです。

★仕事⇒忙しさは続く

勤務先では2017年も中間管理職という名の忙しさが続きます。家族、健康、趣味のために割く時間を増やすことは難しそうなので、伊賀泰代氏が著書で唱えるように何事も効率、生産性重視でいきたいものです。

★家業⇒慌てない

不動産投資関連では2017年には遊休地の活用がはたしてすすむのか。具体的に言えばWATANKOの土地を借りたいという方がでてきてくれるのか。なお現在の賃借物件についてはトラブルがないこと、アパートは空室率が10%未満におさまることを願うばかりです。

★家族⇒ますますバラバラ

次男は中学進学に伴い部活動に注力。したがい休日は妻ミサトと2人で過ごす時間が増えてきました。夫婦円満は投資よりも遙かに重要なミッションであります。

★健康⇒太っちゃあいかん

昨年の定期診断では糖関連が見事にひっかかり再検査となりました。答えはわかっており、痩せることがすべてあります。メタボ崖っぷちの攻防が続きます。

★趣味⇒当然、ドライブ

本当はロードスターで妻と旅行にいきたいところですが、次男がまだ中学生なのでもう何年かおあずけです。せめて自宅から1時間圏内にあるショッピングモールとアウトレット巡りや早朝ドライブ、ときたま地元の中古車屋さんが誘ってくれるツーリングに出かけるくらいです。

■今年の抱負“節約”

さて今年の抱負なのですが、投資については後日詳細を別途記事にてUPしますが、ここでは投資とならんで資産形成に必要な“節約”について取り上げたいと思います。

5年前に母が亡くなって以降は介護費用がかからなくなり、また亡父の分とあわせて相続も完了したので家計は安定してきました。

その後も従前どおり妻には毎月一定額を生活費として支給し、その他にWATANKOから支出したものについては家計簿をつけて管理していたのですが、年々気が緩んで支出が膨らんできていました。

この弛緩した家計を直撃したのが長男の大学進学です。これにより我が家の家計サイクルにおける教育費がピークモードに突入しました。次男の分とあわせれば向こう10年間近くはこのピークが続きます。

そこで今年の抱負は我が家の家計を見直して、毎月の生活固定費を削減し、教育費の手当てを確実にするとともに、貯蓄(=余裕資金として投資に投入)を増やすことであります。

そのためには昔なら無条件でお金を支払っていた商品・サービスが今でも本当に必要なのかどうか。自分の最新の価値観に照らして都度考え直すことが大事です。

目標は、年間の貯蓄金額(=余裕資金)をここ数年の水準から、インデックス投資を始めた9年前に設定した水準にまで引き上げることです。

不要で非効率な仕事、健康に悪影響を与える脂肪とともに、家計における無駄な支出を削減して、「スリムで筋肉質な個人投資家」を目指したいと思います。

というわけで市井の万年素人個人投資家WATANKOが綴る、インデックス投資で地道に資産運用+自動車趣味に浪費する忍耐と煩悩の物語 「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」、2017年スタートです。

皆様 今年もよろしくお願い申し上げます。

【はや追記】

偶然なのか、本記事のUPと同時に、節約と健康(ダイエット)の結びつきについての記事を紹介したブログ記事を拝見しました。こりゃもう、節約&ダイエットするしかない!

参照記事
夢見る父さんのコツコツ投資日記
節約意識が高いほどダイエットに成功!

2016年12月31日 (土)

駄ブログ納会2016年-今年もお世話になりました

Child1822471_960_7201

(今年もWebやオフ会を通じて皆さんとの交流ができた1年でした。)

本日は2016年の大晦日であります。WATANKOは朝から3台のマイカーの洗車をして、部屋の片づけを軽く行い、妻の年越しの買い物につきあったあと、年越しそばをすする予定です。

駄ブログにおこしの皆様におかれましては大晦日をいかがすごされるでしょうか。投資ブログらしく言えば、今年1年の運用の振り返りが頭に浮かぶかもしれません。

今年の相場は年初から下降線をたどり、多少反発もあるも概してやや軟調。ところがトランプ氏が次期米国大統領に選ばれると、とたんに相場上昇と円安です。トランプ氏が選ばれた場合、多くの有識者は全く逆の展開を予想していたようですので、相場とは面白いものです。

ともかくもこのような1年でしたので、積み立て投資を続けてきた人にはまずまずの結果が残せたのではないでしょうか。

しかし長期投資は長い旅。今年1年間もまた駅伝のたくさんある区間の一つをクリアした。あるいは東海道五十三次の一つの宿場町を通過したにすぎません。来年がどんな相場・為替の展開が待っているでしょうか。

ただひとつはっきりしていることはWATANKOは長期投資を地味に継続している個人投資家兼ブロガーであり続けるでしょう。

★今年も多くの個人投資家の皆さんと交流させていただきました

1月の「投信ブロガーが選ぶ!Funds of the Year 2015」、7月の「インデックス投資ナイト2016」のそれぞれ公式イベント参加に加えて、有志による懇親会にも出席させていただきました。そのほかこれまた昨年同様オフ会のムサコ会にも参加させていただきました。

関連記事

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」の投票結果と発表会参加 #foy2015(2016/1/16)

インデックス投資ナイト2016に参加しました(2016/7/10)

インデックス投資家オフ会「ムサコ会」にふたたび参加(2016/5/15)

インデックス投資家オフ会「ムサコ会」に三度出席(2016/11/14)


当日お会いした皆様方、来年も交流の機会がございましたら、是非ともよろしくお願い致します。

★雑誌にWATANKOの紹介記事が掲載されました

今年の変化といえば、BIG Tomorrowやダイヤモンド・ザイといったマネー雑誌に、WATANKOの紹介記事が掲載されました。

記事では一貫して低コスト投信を用いた長期・分散・積み立て投資を行うスタイルが紹介されています。派手な面は無いですが、こんな投資スタイルもあることを多くの個人投資家に知ってもらえたならば幸いです。

関連記事

BIG tomorrow 2016年3月号にて紹介されました(2016/1/24)

ダイヤモンド・ザイ2016年7月号に紹介されました(2016/5/21)

BIG tomorrow 12月号増刊にて紹介されました(2016/11/23)


★肝心のブログ記事本数は昨年よりも減りました

さてブロガーとしての渉外・広報活動はともかく、肝心の記事については、本数が昨年194本に対して、今年は本記事含め167本と9割を切る水準まで減りました。

今年4月から、非常に忙しい部署に異動し、かつそれなりに責任ある役職を任されたので仕事に従事する時間が休日含め膨れ上がりました。そのためにブログを書く時間が割けなかったことが原因であります。

来年は現在の部署での仕事や役職に慣れて、今年よりはブログ記事を書く時間がとれそうです。しかし油断は禁物。最低でも隔日ペースでのブログ更新は守っていきたいと思います。

最後に今年もこの駄ブログにアクセスいただいた皆さん、コメントをお寄せいただいた皆さん、どうもありがとうございました。

またTwitterでリツイートや「いいね」に登録されたり、コメントいただいた皆さんもどうもありがとうございます。

当ブログ「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」は、一般ビジネスマン感覚でもって、インデックス投資の実践、不動産投資のリアル、自動車オタクの大言壮語あるいは重箱の隅つつき他を題材とした蓄財と消費のパフォーマンス・ストーリーであります。

来年もまた皆様にご愛顧いただけますよう頑張って記事更新してまいります。

皆様もどうか良いお年を。

2016年12月25日 (日)

今年1年間に多く閲覧いただいた当ブログ記事―2016年1月~2016年12月

Laptop1246672_960_7201

(今年1年間で最も読まれた当ブログ記事はコレです。)

今年も残すところ1週間です。そこでこの駄ブログで当年1年間で多く閲覧いただいた記事のトップ10を僭越ながら紹介します。(ちなみの当ブログでは半年おきに直近1年間でのアクセス数トップ10記事を紹介しています。)

先ずは第10位から第6位まで。

★第10位 iFreeシリーズ登場、後発だけあってよく考えられたラインナップです(2016/8/29) 2,575PV

⇒iFreeシリーズについて、注目度の高さがうかがえるような閲覧数の多さです。でも最近ちょっと影が薄いかな?

★第9位 おいしい50代をみすみすドブに捨てるサラリーマンはどれだけいるのだろうか (2015/5/29) 2,658PV

⇒早期リタイアは魅力的ですが、サラリーマンにとって甘い蜜の時期である50代にどれだけ執着するか。貴方は悩みませんか?

★第8位 早期リアイアして何するの? (2016/3/13) 2,788PV

⇒ちょうど第9位の記事と対ともいえる記事です。しかしながら、WATANKOはこの記事のUP時点では早期リタイアした場合の過ごし方について、まだまだ煮詰めていない自分を再確認する機会でありました。

★第7位 48歳のオサーンが「29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた」を読んでみた(2016/2/27) 2,811PV

⇒20代の独身女子のITTINさんの貯蓄ストーリーです。とてもしっかりした方であり、WATANKOは+20歳のくせに彼女の足元にもおよびません。猛省。

★第6位 (続)毎月積み立てはいつがよい? (2010/8/23) 2,821PV

⇒古い記事ですが、なぜかいつもTOP10入りします。個人投資家の皆さんが月次の積み立て日の設定にそんなに悩んでいる?とはつゆ知らず。

続いてTOP5であります。

★第5位 半年あまりで16百万円が減っても投資は続けます (2016/2/14)3,554PV

⇒相場が下落すると、他の個人投資家の動向を知って安心したいのか、それとも慌てたいのか。これもまた投資家心理のなせるわざ。

★第4位 冷静に考えると選ぶべきはポルシェ・ケイマン (2013/5/1) 3,965PV

⇒私がオープンカー好きではなく、極めて合理的かつコスパ重視であけば、迷わずこの一択です。

★第3位 (続)NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/20) 4,431PV

⇒第1位の続編記事です。

★第2位 55歳で早期リタイアできれば十分幸せかもしれない (2013/9/5) 4,866PV

⇒この記事は閲覧数を根強く集めています。年金支給開始よりも10年も早くリアイアできるほど資産が貯まれば、それは十分幸せでありましょう。

★第1位 NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/19) 7,733PV

⇒閲覧数は第2位を大きく引き離してトップでした。最近追加モデルとしてRFが発売されたNDロードスター。今後の更なるバリエーション追加も気になります。

そういえば先日、NDを取り上げた書籍をまた購入しました。これまで手に入れたND関連の書籍の中でも1、2を争うくらい良書でした。次回紹介したいと思います。

(あとがきにかえて)

自分のブログの閲覧数(PV数)を調べた時に、①閲覧数をたくさん集める記事が毎年固定していることと、②閲覧数をたくさん集める記事が毎年入れ替わることとは、ブログの総閲覧数を伸ばす意味においてどちらが良いのでしょうか。

①にように毎年一定の閲覧数を集める人気記事がたくさんあったほうがブロガーとしては安心感があります。また一方で②にように閲覧数を集める記事の新陳代謝が活発なことは、それもまたそのブログの注目度が高い、総閲覧数を伸ばす機会に恵まれているという証左かもしれません。

ともかくもWATANKOは1人でも多くの皆さんに、1本でも多くの記事を読んでいだけるように、来年もブログ記事を書き積み上げていきます。

皆様におかれましては「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」をご笑覧のほど、よろしくお願い申しあげます。


関連記事


直近1年に多く閲覧いただいた当ブログ記事―2015年7月~2016年6月
(2016/6/30)

2015年に多く閲覧いただいた当ブログ記事 (2015/12/27)

2016年6月30日 (木)

直近1年に多く閲覧いただいた当ブログ記事―2015年7月~2016年6月

Businesscard1019949_960_7201

(直近1年間で最も読まれた当ブログ記事はコレです。)

著名な個人投資家ブログにならって?この駄ブログでも毎年末には当年1年間で多く閲覧いただいた記事のトップ10を僭越ながら紹介しています。

しかし毎年末時点での集計となりますと、当年の後半期に書かれた記事は、前半期に比べて公開期間が短いですから閲覧数が伸びません。

皆さんに多く閲覧いただきました記事を紹介するという趣旨にたてば、年1回の紹介ではちょっと不足かなと考え、そこで半年おきに直近1年間にて多く閲覧いただいた記事というサイクルに改めてみます。

というわけで今回は2015年7月~2016年6月までの直近1年間にて多く閲覧いただきました記事を紹介致します。

先ずは第10位から第6位まで。

★第10位 おいしい50代をみすみすドブに捨てるサラリーマンはどれだけいるのだろうか (2015/5/29)2,656PV

★第9位 たわらノーロード 日経225登場-でもまだバットを振っちゃあいかん (2015/11/21)2,787PV

★第8位 (続)毎月積み立てはいつがよい? (2010/8/23)2,913PV

★第7位 復活のハリヤー、ブランドを捨ててまた拾うトヨタ (2013/12/6) 3,124PV

★第6位 インデックス投資を振り返ってみて②どのくらい儲かったのか? (2011/2/20) 3,312PV

10位から6位までは、早期リタイア、新商品、積み立て投資、自動車そしてインデックス投資の儲け等、各カテゴリーからまんべんなく閲覧回数を集めた模様です。

続いてTOP5であります。

★第5位 半年あまりで16百万円が減っても投資は続けます (2016/2/14)3,418PV

★第4位 冷静に考えると選ぶべきはポルシェ・ケイマン (2013/5/1) 3,488PV

★第3位 55歳で早期リタイアできれば十分幸せかもしれない (2013/9/5) 4,520PV

第5位の「半年あまりで16百万円が減っても投資は続けます」は、最近の相場動向を踏まえて閲覧数を伸ばした記事です。

第4位の「冷静に考えると選ぶべきはポルシェ・ケイマン」、第3位の「55歳で早期リタイアできれば十分幸せかもしれない」はそれぞれ3年前に書いた記事ですが根強く読まれております。

ちなみに3年経った今も、クローズドボディであれば、WATANKOの推奨はケイマンに変わりません。

さて上位2件です。

★第2位 (続)NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/20) 5,495PV

★第1位 NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/19) 10,050PV

NDロードスターは昨年5月に発売開始され、世間では大いに注目を集めました。

そのおこぼれにあずかって、駄ブログでも直近1年で1-2フィニッシュを飾る閲覧数でした。

そういえばWATANKOがNDロードスターのオーナーになってもうすぐ1年が経ちますので、春夏秋冬を通じたオーナー記事でも近々書いてみることにします。

(あとがきにかえて)

自分の書いた記事が多くの閲覧数を集めることはブロガーにとっての励みになります。たとえ一日に何万という閲覧数を集めるアルファブロガーでなくとも、それは同様です。

当ブログは小さな盆栽のようなブログですが、一人でも多くの方に読んでいただけるように、インデックス投資と同様、これからもコツコツと記事UPを続けていきます。

関連記事

2015年に多く閲覧いただいた当ブログ記事 (2015/12/27)

2014年に多く閲覧いただいた当ブログ記事 (2015/1/6)

2016年2月29日 (月)

【御礼】忍耐と煩悩のブログ-満6年になりました

Laptop1071779_960_7201

(そういえば、今使っているPCはこのブログを書き始めた頃に買ったものです...。)


改めまして来ブログの皆様へ 

万年初心者個人投資家のWATANKOといいます。

当ブログは2010年3月(正確には2月末日)に開設し、以来インデックス投資を中心に、そのほか不動産投資や家計や住居、ライフスタイルや趣味の車に関する話題をとりあげたブログです。

★当ブログ運営者WATANKO

首都圏の私立大学を卒業後、民間企業で働く40代サラリーマン。妻1、子供2を実質扶養する世帯主です。兄弟はおらず、両親も既に他界しておりシンプルな核家族です。

都心から50km圏内の地方都市在住。12年前に実家の敷地内に平屋の一軒家を注文住宅で建てて住んでいます。住宅ローンはありません。

なお15年くらい前から、サラリーマン以外に親から継いだ家業ともいうべき不動産賃貸業をやっています。

就職後に結婚、出産、資格取得、家づくり、相続、海外赴任と公私ともにいろいろありましたが40歳手前を迎えたころから、やっと腰が据わった人生中盤の巡航モードになってきました。

ここまでのWATANKOの資産運用の日々や、インデックス投資を知り、これを始めたきっかけについては次のとおりです。

関連記事
【前日譚】インデックス投資を始める前の日々
きっかけは「お金は銀行に預けるな」だった

■資産運用の方法

WATANKOは給与所得と不動産賃貸所得から得た余裕資金をもとに、2008年3月から今まで年間5~10百万円ずつ投じて金融商品による資産運用を行ってきています

資産運用の方法はもっぱらインデックス投資です。具体的にはインデックス投信、ETFおよびそれらを組み合わせたバランスファンドを積み立て購入して長期保有する手段をとっています。

資産運用は想定20年間、資産運用した結果、元本に対して利回り目標5%(税引き後4%)達成、元本総額を1.5倍(税引き後1.4倍)に増やすことを目指しています。

なお勤務先では退職給付の25%が確定拠出年金となっているので、これまたインデックス投信を積み立てしています。

ちなみにアクティブファンドや個別株、生債券は購入せず。FX、その他各種信用取引等も一切手掛けておりません。

●関心事

無類の車好きであり、小学生の頃に憧れたスーパーカーを手に入れてみたいと思ってブログタイトルにも掲げています。スーパーカー以外にもスポーツカーやオープンカー、GTカーなども大好きです。60歳、いや本音では早ければ55歳くらいでリタイアして、自動車趣味に明け暮れる悠々自適な生活を夢見ています。

ちなみに好きな車の基本条件は①サイズがDセグメント(全長が概ね4.6m)未満、②後輪を駆動することの2点です。

◆当ブログのスタンス

上述のとおり、インデックス投資が当ブログのメインテーマです。しかしながらWATANKO自身は市井の個人投資家に過ぎません。普段平日は長距離通勤+勤務先で中間管理職、さらには週末には不動産賃貸業に関わっており、証券投資にはあまり時間が割けません。

そんな中でインデックス投資が自分のライフスタイルにフィットして、自分としては十分利益をあげることが期待できる投資法として認知し、これを採用しています。

当ブログは一般的なビジネスマンのセンスでもって、一般的にかけられる時間を用いてインデックス投資を主にした投資の世界の話題について語るブログであります。

インデックス投資の世界において飛び交っている情報について、関心を持ったり共感できるものは自分なりの解釈、将来の動きや要望を添えて取り上げることがあります。

またとあるテーマについて一般的に語られる視点とは別の視点、時には真逆の視点からの語りを追加することで、そのテーマが持つ本当の意味にもっと近づきたいとして取り上げることがあります。

そうやってブログ記事を書き続けていると、来訪される方々から賛同を得られるときもあれば、疑問視・否認されるときもあります。どちらであってもWebを介して多くの皆さんにこの市井の個人投資家の投資の実践記録と問いかけを送り続けてきました。

なお直近1年間では、次の皆さんからコメントを頂戴致しました。
どうもありがとうございます。

木更木義人さん、mushoku2006さん、CHIBIさん、タカちゃんさん、いっさん(さん)、預金王さん、くは72さん、オークX32さん、中田健介さん、もりやまさん、おひげ☆ぼーぼーさん、スープカレー三昧さん、工員さん、通りすがりさん、ゴーヤーちゃんぷるさん、ottoさん、highigさん、ジャム親父さん、スカGジャパンさん、ひで坊さん、kkさん、たんちんさん、消費しないピノキオさん、Junさん、朱雲さん、虫とり小僧さん、るびさん、yamakouさん、ルル0111、きむきむさん、AKIさん、たんたんさん、bigさん、しゅらさん、ニシさん、まさおさん、SHINさん、tokorotenさん、ふわわたさん、ASKさん、リタイア4年生さん、クロスパールさん、夢見る父さん(さん)、ぴにょさん、ブルーさん、隠れクマノミさん、田嶋章博さん、mochiさん、zさん、ひろさん、悩むオーナーさん、Da_ddyさん、まさやんさん、ひなたさん、インデックス投資家さん

&何人かの「名無し」さん

来ブログの皆様におかれましては、今後とも率直かつ鋭利なコメントをどんどんお待ち申しあげます。

それでは忍耐と煩悩、蓄財と消費のパフォーマンス・ストーリー

「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」

明日から7年目のスタートです。

皆様、ご笑覧のほどよろしくお願い致します。

2016年1月 2日 (土)

2016年、ブログスタート

Img_1959

(2016年の初日の出です。<本文参照> 今年もよろしくお願いします。)

当ブログへお越しの皆様、2016年あけましておめでとうございます。昨年同様、南関東において年末年始はとても良い天気が続いています。

おもわずWATANKOは元日には早朝、海まで初日の出を拝みに出かけました。冒頭の写真はその時のショットです。

当然ながら愛車NDロードスターで、当然ながらオープンにして、そして当然ながら家族は誰もWATANKOに付き合ってくれませんでした。WATANKO以外の全員は大晦日深夜まで起きていた模様なので仕方ありませんが。

さて万年素人個人投資家のWATANKOは例年通りのペースで今年もブログ更新を続けていく予定です。今年のブログ記事のバックグランドになるWATANKO及びWATANKO家の2016年の動向は以下のとおりです。

◆仕事⇒忙しくなる

例年通り、勤務先で所属する部署は年明けから年度末にかけて猛烈に忙しくなります。部署内でのWATANKOの責任・立場も従前より重くなる見込みです。加えて若手の部下も入れ替わり、新しく仕事を教えていかねばなりません。さらに今年は勤務先で4年に一度の大仕事が1年を通して予定されています。

突破すべき課題は大きい一方で、兵站は細り、陣頭指揮が求められる。そんなハードシップばかりが待ち受ける2016年であります。

◆家業⇒慌てない

家業の不動産賃貸業ですが、賃貸先の一部からクレームがでたり、所有地に絡む道路拡幅工事が開始されたりと穏やかでない面もありますが、相場や為替同様、十分な予測はできませんので、問題が発生すれば出たとこ勝負になるでしょう。

ひとつ基本姿勢を示すとなれば、「何がおきても慌ててお金を費やすような行動に出ないこと」であります。急いで支払って得をするのはリボ払いを選んだ借金の繰上げ返済くらいのものです。

◆家族⇒ますますバラバラ

昨年は長男が大学に進学しましたが、今年は7歳下の次男が地元の中学校に進学します。地元の市立中学で自宅から7~8分の距離にあります。かつてWATANKO、そして長男が共に通った中学校なので勝手知ったる中学校でもあります。

昨年は長男が大学通学+バイト+サークル活動でライフスタイルががらりと変わりました。家族と食事や外出する機会は激減し、1~2泊の国内旅行では留守番役でした。これに加えて今年は次男が中学校でおそらく何らかの部活動にかかわると思われますので練習で多忙となり、家族4人がまとまって行動する機会は昨年よりも更に減るでしょう。

子ども達の親離れは着々と進んでいます。一方でWATANKOの側も子離れが求められます。ちょっとさみしいですね。

◆健康⇒太っちゃあいかん

健康について、昨秋の健康診断では特に目立って悪かった指標は無かったですが、ともかくも体重管理が何よりであります。よく「風は万病の元」と言われますが、これをもじって中高年には「肥満は万病の元」と自戒したいと思います。太ってよいことなどひとつもありません。

◆趣味⇒当然、ドライブ

今年はロードスターにふたたび乗り始めて初めての春の季節、オープンカーには最高の季節を迎えます。妻を乗せてあちこちドライブに行く予定です。目的地の過半はアウトレットやイオンモールになりそうではありますが…。それに2016年内には圏央道が全線開通すると報じられているので、遠乗りドライブも楽しみであります。

◆そして投資⇒積み立て投資継続

昨年に引き続き、毎月積み立て投資を継続します。積み立て投資する商品ほか詳細は今月、記事UPします。

なおWATANKOは個人の投資という行動に崇高な理念や思想を掲げているわけではありません。サラリーマンの宮仕え+不動産賃貸業で苦労して貯めた余裕資金をせめてあと年率3~5%上乗せしたい程度の野望をもっているにすぎません。

そのためにどんな投資方法がよいか。国債では眼下の期待リターンは低すぎ、個別株ではリスクが大きすぎる。期待リターンとリスクのバランスをとっていく中庸な投資方法としてインデックス投資を選んでいます。

WATANKOのような市井の人間の投資戦略たるインデックス投資、それを綴る当ブログ「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」

2016年 今年もよろしくお願い申し上げます。

2015年12月31日 (木)

駄ブログ納会2015年-今年もお世話になりました

A0001_011463

(皆さん、今年も閲覧ありがとうございました。)

2015年も本日でおわりです。WATANKOは年末の休み中、平日を活かして口座を保有する地元の金融機関をまわり、残高確認をはじめ口座間で必要な資金の移動や、自宅保有分の現金の引き出し、確定申告に必要な証書類の入手、そして忘れてはならない今年貯まった余裕資金の証券口座への振り込みをすませました。つまり保有資産のリバランスならぬリロケーションであります。

関連記事
金融機関口座の確認と整理、そして余裕資金を証券口座へ投入

(上記内容を毎年、行っています。)

その後、自宅の大掃除をすませて一服し、この記事を書いております。

さて今年のWATANKOの投資とブログ、そして関連して色々な事柄がありました。
そこでこれまたよくあるベタな企画ですが、「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!2015年3大ムーブメント」を紹介します。

「なんだよ、たった3つかよ。ネタ無しブログだなあ」というツッコミもあろうかと思いますが、内容は複数の小ネタを括っております。

★第3位 『資産運用8年目、ブログ6年目に突入-継続は力なり』

2008年3月にインデックス投資を始めて今年で8年目を迎えます。2012年末から相場が上昇に転じて以降、気がつけばもう3年が経過しました。市場低迷の頃が段々と忘却モードになりつつある昨今であります。

その資産運用ですが今年はやれチャイナ・ショックだ、米国利上げだと喧伝されてはいましたが資産評価額は例年に比して、穏やかに推移しました。

関連記事
2015年の振り返り(1)インデックス投資


また2010年3月に始めたブログも今年で6年目です。2月にはブログ記事が累計1,000本に到達しました。

関連記事
【御礼】忍耐と煩悩のブログ-満5年を迎えました
ブログ記事を1,000本書きました-記事を書くときに大切にしていることをもうひとつ

また今年も本記事を含めて194本の記事をUPしました。これは昨年202本よりもやや少ない記事数ですが、WATANKOとしては昨年以上の数の記事をかいた実感があります。おそらくは1記事あたりの文量が多かったのかもしれません。

そこでブログ原稿のファイルの容量を調べてみるとはたして2014年は1,165KBに対して、2015年は1,443KBとおよそ2割増しとなっていました。

さらに今年は6年目にしてブログのPVが100万アクセスに到達しました。ようやくというか、たかだかと思われるかもしれませんが、盆栽のように小さな、でも自分にとって大事なブログにここまでアクセスをいただいたことについて、来訪された皆様には御礼申しあげます。

来年も「継続は力なり」で記事200本ペースを維持してまいります。

★第2位 『NDロードスターを衝動買い-読み手が車を買いたくなる記事を書きたい』

もう何度も記事にしていますが、マツダの新型NDロードスターを衝動買いしました。

関連記事
NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり
(続)NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり

同車は自動車雑誌の元祖である「CAR GRAPHIC」の2016年2月にて同誌企画のCAR GRAPHIC AWARD 2015における2015年の「年車」として選出されました。

ロードスターは動力性能と電子制御のインフレから脱却し、スポーツドライビングの教習車でもありながら、純度が高く完成されたドライビングの世界を乗り手に提供する稀有な1台であります。

このほかに当ブログではもう1台のマイカーの買い替えやNSX、S660など新モデル、フォルクスワーゲン、日産CM、ヤングタイマーやスポーティカーについても記事を書きましたが、全般的にみるとNDロードスターの記事が自動車記事24本中7本とやはり多かったです。

なお昨年は、世間にみられた自動車の保有とカーシェアリングについての経済性比較について批判的な記事を書いた記憶が強いのですが、今年はなりをひそめました。やはり自動車は所有して嬉しい、乗って楽しい、使って便利だという魅力を背景にした「車を買いたくなってくる」記事を書く方が楽しいです。

とはいえ一人の車好きとしてはNoと言いたいこともしばしばあり。上述の「車を買いたくなってくる」記事以外にもモデル、メーカー、社会現象など個々の対象ごとに是々非々を記事にしていきたいと思います。(偉そうですみません。)

★第1位 『イベント&オフ会にデビュー-個人投資家の皆さん、駄ブロガーWATANKOでございます』

元来シャイな駄ブロガー、WATANKOですが今年は個人投資家(含むブロガー)の皆さんが集まるイベント&オフ会にデビューさせていただきました。

具体的には7月にインデックス投資ナイト、12月にはGCIアセットマネジメント開催のブロガーミーティング、インデックス投資女子のおぱるさん主催のムサコ会に出席して、合計30名以上の個人投資家の方々にご挨拶をさせていただきました。

関連記事
シャイな駄ブロガー、インデックス投資ナイト2015に参加する
【番外そして御礼】GCIアセット・マネジメント「第1回 投資ブロガーの会」に参加してきました
インデックス投資家オフ会「ムサコ会」に出席しました

これらの機会によってWATANKOがインデックス投資を始めた頃から拝見していたインデックス投資ブログの管理人の方々とお会いできたことを嬉しく思います。ありがとうございました。

来年も1月に開催される「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」の発表イベントに出向く予定です。これまでお会いした皆様は勿論のこと、これを機にまだご挨拶未了の相互リンクブロガー他の方々ともお会いできるのを楽しみしております。

以上、「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!2015年3大ムーブメント」でした。

今年もこの駄ブログにアクセスいただく皆さん、コメントをお寄せいただく皆さん、Twitterでリツイートや「いいね」に登録されたり、コメントいただく皆さん、本当にどうもありがとうございます。

この「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」は、

①一般ビジネスマン感覚で綴る自由気ままなインデックス投資実践記事
②現物不動産に夢見る個人にペーソス(悲哀)を語るリアル不動産投資記事
③自動車オタクの大言壮語あるいは重箱の隅つつき記事


を更新するユニークなブログを目指しています。(ここでいうところの「ユニーク」とは「固有」と「愉快」の2つを指しています。)

来年もまたご愛顧いただけますよう頑張って記事更新してまいります。

皆様もどうか良いお年を。





WATANKO妻「『④妻を労わる時間を削って書いている記事』も追加しておいてね。」

WATANKO「...Yes, ma’am」

2015年12月27日 (日)

2015年に多く閲覧いただいた当ブログ記事

Businesscard1019949_960_7201

(今年最も読まれた当ブログ記事はコレです。)


著名な個人投資家ブログに比べれば、毎日のPVはしれているこの駄ブログですが、それでも皆さんにアクセスいただくことが、執筆者のWATANKOにとってブログを続ける何よりの励みになります。そしてなかでも皆さんが関心を寄せていただいた記事が何であるのかを知る事もさらにブログ意欲をかき立てられます。

というわけで著名ブログでよくみられる企画に便乗して、この「資産運用でスーパーカーを手に入れよう!」でも2015年(2015年1月1日~12月26日)で閲覧数の多かったブログ記事を紹介致します。

先ずは第10位から第6位まで。

★第10位 冷静に考えると選ぶべきはポルシェ・ケイマン (2013/5/1) 3,494PV


★第9位 老後の生活、住まいさえ確保できればなんとかなるか (2015/4/20) 3,558PV


★第8位 インデックス投資を振り返ってみて②どのくらい儲かったのか? (2011/2/20) 3,578PV


★第7位 おいしい50代をみすみずドブに捨てるサラリーマンは多くはいない (2015/5/29) 3,913PV


★第6位 55歳で早期リタイアできれば十分幸せかもしれない (2013/9/5) 4,611PV


第10位の「冷静に考えると選ぶべきはポルシェ・ケイマン」は昨年第4位、第8位の「インデックス投資を振り返ってみて②どのくらい儲かったのか?」は昨年第7位、そして第6位の「55歳で早期リタイアできれば十分幸せかもしれない」は昨年1番PVが多かった記事であります。

この他、第9位の「老後の生活、住まいさえ確保できればなんとかなるか」、第7位の「おいしい50代をみすみずドブに捨てるサラリーマンは多くはいない」は老後生活の必要条件や早期リタイアの判断について書いてみた記事です。このブログが資産運用を成功させて早期リタイアを目指す人にも閲覧してもらっている様子が想像できます。

続いてTOP5であります。

★第5位 【追記あり】ついにスーパーカーを購入しました (2015/4/1) 4,730PV

この記事は完全にエイプリールフールネタでしたが、タイトルが刺激的?だったせいか、全く予想外にPVを稼ぎました。この分なら来年「全金融資産を売却しました」なんてタイトルをつけたらさぞかしPV稼ぎそうだなあと悪魔の囁きが聞こえてきております。

★第4位 NAからNDへ、ふたたびロードスターと過ごす日々の始まり (2015/7/19) 5,588PV

2015年初には予定していなかったオープン2シーターの購入記事です。独身時代のいきいきとしたカーライフを復活させてくれるイベントでした。やはり女房と車は新しい方・・・いえ、なんでもありません。

★第3位 自分の資産運用のコストを「みえる化」してみる (2015/3/7) 5,643PV

資産運用のビークルたる投資信託のコストは通常、信託報酬(率)で語られておりますが、ここでは保有資産残高×信託報酬の実額ベースで明示してみました。更新当時、著名なインデックス投資ブロガーの方々に引用いただきまして感謝申し上げます。

★第2位 復活のハリヤー、ブランドを捨ててまた拾うトヨタ (2013/12/6) 6,543PV

記事UPから2年経過した今年、PVがぐんと伸びました。ハリヤーの現行モデル自体はあまり独自の特徴がないトヨタの販売店の事情で発売されたモデルですが、それでもちょっとした車好きにはそれなりに注目を浴びているということでしょうか。

★第1位 (続)2014年12月末運用状況-1億円の日とこれから(2015/1/4) 6,675PV

インデックス投資を始めて6年と9か月で資産運用残高が1億円に到達しました。このうち3分の2は元本ですが、もともと元本をインデックス投資で1.5倍までもっていくことが最終目標でしたから、途中経過の現時点としては全くもう上出来であります。


(あとがきにかえて)

ブログは自分自身のメディアです。たとえそれが金魚鉢のように小さなものであっても、そこから多くの人達に向けて、時には寝る間も惜しんで記事を書き、情報発信を続けることはとても楽しい知的作業のひとつであります。

資産運用もブログも、継続こそに価値があり。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

応援クリックいただけるとありがたく

参考ブログ&サイト

にほんブログ村

  • 記事紹介